Nogizaka Journal

乃木坂46・欅坂46・けやき坂46のエンタメニュースサイト

デイリーコラム 第18回・水曜特集「アフタヌーンティーwith乃木坂46メンバー」

乃木坂46デイリーコラム 第18回・水曜特集 #04「アフタヌーンティーwith乃木坂46メンバー」

Afternoon Tea at Titanic Belfast

先日、紅茶の本場イギリスでアフタヌーンティーをする機会があり、ふと水曜特集のアイディアが頭に浮かんだので記事にさせて頂いた。

先月お届けした水曜特集#01「乃木坂46メンバーと飲みに行くなら!?」とコンセプトが似ているが、乃木坂46のメンバーと昼下がりにちょっとおしゃれな喫茶店でアフタヌーンティーをしに行くとしたら、どんなメンバーが楽しいだろうか。シチュエーションが変われば、まったく違うメンバーを思い浮かべる人もいれば、同じメンバーでもまた違った展開に思いを馳せる人もいるだろう。今回も筆者の主観で3人を選んでみた。

やはり最初に挙げたいのは生田絵梨花である。ドイツ生まれでピアニストのお嬢様というだけで、ヨーロッパの雰囲気が似合う生田。アールグレイを優雅に注ぎ、サンドイッチやスコーンを際限無く口に運ぶ様子を見ているだけで、楽しい時間になりそうだ。「これおいしい!」と目を輝かせる生田が何とも眩しい。BGMで流れるショパンの音楽に「この曲、今のとこ左手が難しくて大変なんだよね……」と困った顔をされたりしてみたいものだ。

二人目は、ファッションやデザインの才能を見せる伊藤万理華をチョイスしたい。おしゃれな洋服で「おまたせ!」と颯爽と現れ、壁に掛けられた西洋画に気付き、「あの色使いがモネっぽいよね」と何気なく美術を語る。動揺して彼女に気を遣わせてしまわないためにも、西洋美術史の基本はおさえてから臨みたい。おしゃれな喫茶店で伊藤と交わす知性的な会話は何とも居心地が良いであろう。窓の外に見える庭を眺めながら、伊藤の精通する苔の話を聞くのも贅沢な時間になりそうだ。

そして三人目には、井上小百合。彼女のその上品な雰囲気は、おしゃれカフェにはまりすぎである。こちらはジーパンにスニーカーではなく、スーツで出掛けた方が良いかもしれない。食べるのがとてつもなく遅いという井上が、もぐもぐとサンドイッチをゆっくり噛んでいるのを眺めたら思わず微笑んでしまいそうだ。彼女が最初に座る時には後ろに回って椅子を引く、ティーカップが空になったらタイミングを見てお茶を注ぐ、など、紳士的な気遣いを忘れてはならない。

前述のコラム「乃木坂46メンバーと飲みに行くなら!?」の一緒に飲みたいメンバーとはやはり少し変わってくるが、清楚な乃木坂46のメンバーとなれば誰もがマッチするシチュエーションかもしれない。読書の皆様にも、おしゃれな喫茶店に一緒に行きたいメンバーについて是非ともコメント頂ければ幸いである。

筆者プロフィール

ななみん教授助手歴773年
医師とチェリストによる異色のコンビが、乃木坂46メンバーや彼女たちの物語を研究・分析。全国の乃木坂46ファンの皆様との情報の発受信はもとより、Nogizaka Journalを訪れる全ての皆様に、乃木坂46についてより深く知っていただくお手伝いが出来ればと思います。

COMMENT

  • Comments ( 9 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. この3人はクルージングイベントの時の3人じゃないか!

  2. なんとなく琴子ちゃんが思い浮かびました。
    普段はカジュアルな服装を好む彼女ですが、オシャレな喫茶店と聞いて頑張って上品な服をきてきたりすると可愛らしいなって笑

  3. 乃木坂ちゃんほど紅茶の似合うアイドルグループはいないですね!

    シアトル系カフェには出せない雰囲気が紅茶にはありますね。

    でもまいちゅんにはあのフタの付いた紙コップを持ちながら、オフィス街を闊歩して欲しい感じもありますが…←実際はタンブラーに水ですが。笑

  4. 推しでも何でもないのに
    何故か、なぁちゃんとひたすら黙って
    静かにお茶を飲んでいる光景が浮かびました。

    で、そのシュールな光景にどちらともなく
    互いに吹き出すという・・・。

  5. しゃれた喫茶店というシチュエーションなら、大人の雰囲気で深川麻衣、新内眞衣あたりと知的な会話を楽しみたいですね。

  6. なにげに、二期生のれなちも
    お嬢様でお利口さんなイメージ
    なのですが、、、アフタヌーン
    ティーに似合いそう。

  7. 桜井キャップかな
    キャップのはなしを、笑顔で頷きなからきく
    たまに、ポンコツぶりな笑う
    そんな感じです

  8. ななみん、飛鳥、まいまい、万理華って所かな
    お互いに独特な世界観を持ってるので読書をしたり作品の批評をしたり創作過程を楽しんだりと有閑を楽しめそうです
    ティーのセレクトはまいまいが様々なものを用意してくれそう

  9. 3人の選出が秀逸です!
    特にさゆにゃんのくだりは、容易に想像でき、紳士的な振る舞いをしてみたいものです。

    是非、次は、休日の朝にカフェでブレックファーストを一緒に過ごすメンバーについて考察願います。

コメントはこちら

*

Return Top