Nogizaka Journal

坂道シリーズ:乃木坂46/欅坂46のエンタメニュースサイト

乃木坂46デイリーコラム 第48回・水曜特集「乃木坂46無人島サバイバル」

乃木坂46デイリーコラム 第48回・水曜特集 #10「乃木坂46無人島サバイバル」

Beach at Green Island Antigua

水曜特集はこれまで一緒に食事に行くなど想像しうる日常的なシチュエーションを中心にお送りしてきたが、今回は「乃木坂46のメンバーがもし無人島に1人取り残されたら、誰が生き残れるか」という非現実的な状況を想定してみた。筆者の主観により、無人島に取り残されてもたくましく生きていけそうなメンバーを3人考えたので、ぜひ皆様もイメージしながら読んでいただければ幸いである。

まず1人目は堀未央奈である。堀はホラー映画が大好きであり、自分にゾンビメイクをして喜ぶほど肝が座っているため、無人島に1人になって慌てるようなことはないだろう。ニコニコしながら洞窟を探検し、夜の真っ暗な森の中でもスヤスヤと寝ることができそうである。熊がいきなり現れても、「キャー!」と叫ぶどころか、「あ、熊さんがいた!わーい!」と喜び、友達になってしまうかもしれない。食事は魚を捕まえるのは大変そうなので、木の実を集めて何とか乗り切るであろう。

2人目はやはり若月佑美だ。男前な彼女にとって無人島はかえってワクワクする舞台かもしれない。1人取り残された自分、というシチュエーションを楽しんでしまうことだろう。落ち着いて島の地図を製作し、昼は「初森ベマーズ」のイマドキ役のような勢いで魚と戦い、夜は浜辺で月を見上げて微笑む。かっこよすぎてこちらは危機的状況であることを忘れてしまいそうだ。仲の良いメンバーの桜井玲香がいないことだけが気がかりだが、きっとその寂しさも乗り越えてくれるだろう。

最後に3人目には高山一実をチョイスしたい。ムードメーカーの高山には一人ぼっちの状況は想像が難しい。しかし彼女はきっと動物を探し出し、2日目には味方にしてしまうだろう。視野の広い高山は毎日山に登って船を探し、遠くに貨物船を見つけて「おーい!」と飛び跳ね、気づいてもらえない時は奥義「アメイジング!」で粘るかもしれない。例え1年島を出られなくてもそのポジティブさがあれば、耐え抜いて生還できそうだ。

何とも楽観的な予測を立ててしまったが、筆者の考える3人は以上である。読書の皆様の考える無人島で生き残れそうな3人も、ぜひコメント頂きたい。

筆者プロフィール

ななみん教授助手歴773年
医師とチェリストによる異色のコンビが、乃木坂46メンバーや彼女たちの物語を研究・分析。全国の乃木坂46ファンの皆様との情報の発受信はもとより、Nogizaka Journalを訪れる全ての皆様に、乃木坂46についてより深く知っていただくお手伝いが出来ればと思います。

COMMENT

  • Comments ( 3 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 無人島ってことで、基本的に楽観的なキャラで
    機転が効いて、サバイバル能力のあるメンバー。

    パッと思いついたのは、らりん、川後P、ろってぃ。
    推しが一人も入ってないが。

    ダークホースに生ちゃん。

  2. 無人島となると
    1 どうすれば食料が得られるかの学習能力
    2 運動ができ健康であり怪我に強い
    3 孤独である事に耐えれるルメンタルの強さ

    1 から乃木坂頭NO王戦の回に出た川後以下16名 相良・寺田 脱落
    2 から 秋元・生田・生駒・かりん・純奈・優里・橋本・松村・みり愛  脱落
    3 から 桜井・佐々木・高山・中元・永島・樋口        脱落

    残った中から考えると 衛藤・新内・若月 かな

  3. むずかしいなぁ

    一人目は、雑誌のインタビューで、みなみさんが話していたから、みなみさん

    二人目は、乃木どこで、火を起こせた生駒さん

    3人目は、意外性で、絢音さん

コメントはこちら

*

Return Top