Nogizaka Journal

坂道シリーズ(乃木坂46/欅坂46)のエンタメニュースサイト

乃木坂46デイリーコラム 第49回「松村沙友理の豪快さと繊細さ」

乃木坂46デイリーコラム 第49回「松村沙友理の豪快さと繊細さ」

松村沙友理は乃木坂46の1期生であり、大阪府出身の23歳である。明るい笑顔を絶やさず、天真爛漫なキャラクターでグループを盛り上げている。

看護師を目指していたという松村は高校卒業後、浪人していた時に乃木坂46の第1期オーディションに応募し合格した。乃木坂46加入後はデビュー曲から連続して福神入りするなど、目覚ましい活躍を見せている。その奔放さ加減から周囲から常にいじられる存在だが、要所要所で見せる真剣な姿に驚かされることも多い。

大食家として知られる松村は、テレビ東京系「乃木坂って、どこ?」#108の楽屋調査ではパン8個、いなり寿司2個、お弁当1個、ケーキ1個を平らげ、#114の大食い女王決定戦では白米を9杯完食している。本人は「お腹がすいている感覚もないが、お腹がいっぱいにもならない」とコメントしているが、バナナマン日村はこれに大きく共感しており、大食家ならではの感覚なのかもしれない。

一方で、美しい体型を誇り、ファッション誌「CanCam」では橋本奈々未とともに専属モデルとして活躍している。昨年5月には「VANQUISH」のコラボプロジェクト「VANQUISH VENUS」第10弾モデルに抜擢され、メイキング映像が公開された。この映像はモノクロの映像で撮影されており、普段とは違ったクールな表情を見ることができる。

松村には無類のアニメ好きという一面もあり、将来は声優になりたいと話すほどだが、演技にも高い関心を示している。「16人のプリンシパル trois」では主役のポリン姫に何度も立候補する積極性を見せ、ステージではアドリブ満載の演技で会場を盛り上げた。ドラマ「初森ベマーズ」では、“ユウウツ”という根暗なキャラクターを担当したが、独り言をブツブツ呟いたりする難しい役どころを見事に演じた。

奔放なキャラクター、豪快な食べっぷり、細やかな演技。場面によりいろんな顔を見せる松村は、未開拓の領域をまだ残しているはずだ。これからも我々の予想を超えた成長を遂げてほしい。

関連松村沙友理 OFFICIAL BLOG│乃木坂46公式サイト

いいね!やフォローでNJ最新情報をお届け!

COMMENT

  • Comments ( 10 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 文春に触れないのは逃げ

  2. 長いこと、乃木どこから乃木中までずっと見ていると
    彼女がちょいちょい挟む話を膨らませて嘘をつくっていうのが
    常習というか、普通に散見されて
    それってどうかな~って思うことがしばしば。
    息をするような感覚でするっと嘘をつくって
    ちょっと信用できないタイプの人。
    視聴者レベルでもああ、これ嘘だわって分かるレベルですから。

    まあ、まいやんの心の友ですから、悪い人では
    無いんですが・・・。

  3. たしかに、あの笑顔での食べっぷりは、気持ちがいいですね❗

    最近は、いじられポジションは、真夏さんに代わってきたけど、しゃべりは、欠かせない存在感です

  4. 松村のことを述べるなら、
    昨年の不倫路チューの大騒動を語らずして意味がないと思います。
    あれほどの騒動を起こしながら、いまだに乃木坂の選抜に居座り、
    グループ活動以外にモデル、ドラマ、舞台に起用?
    どれほど不信感が強くなっているかご存じないのでしょうか?
    このように今後の活躍を期待するなどと書かれると
    強い違和感が沸き起こります
    松村のことを良く思っていない乃木坂ファンの心情を考えると
    彼女の扱いは卒業するまで注意が必要です

  5. 不祥事から一年経った今でも納得のいかないファンの書き込みをよく見る。
    これは乃木坂運営や松村が不祥事に対して真摯に対応しなかった結果だと思います。

  6. 文春がどうと言う方。良い所だけをみたくないというのは、腹がたった相手を少しでも貶めることで心を満たそうというあなた自身へのなぐさめですか?この人の持つ大きな可能性、多くの人を惹き付ける魅力は疑いようがなく、認めることも大切です。常に相手に卑下を求めることはあなた自身を卑下していることに相違ないのです。

    たくさんのものを失ったかもしれないけど、私達が一生持てないようなたくさんのものを持っているのだから、自分自身を信じてあげて、その才能をいかんなく発揮して活動してくれたらうれしい。
    メンバーみんなが笑顔で幸せであることがファンにとって一番なんだから。

    才能豊かな女性だ。
    ちんちくりんなどではない。

  7. これからも頑張れ、松村沙友理。

  8. アイドル至上最悪な不倫スキャンダルが発覚した時点でアイドル失格。松村の一件で明らかになった事は人気メンならなにやっても選抜保証事例を作った事。

  9. 昨年の神宮直後くらいまでに書かれたコラムだったら100点。

    ただ、その後、いろいろありましたからね。某週刊誌の連載では、やめることを決めた、みたいなことがさらっと書かれてましたが、この1年間、彼女が、批判や応援を受けながら、彼女なりにもがいてきた。それは、よくも悪くも今の松村さんを形作っているものだと思うので、そこにはきちんと筆者様も向き合った上で、松村さんの魅力を書いてほしかったなと思います(あ、ディスれということではありません。この記事の目的は、メンバーの魅力を伝えることでしょうから)。

  10. 繊細さがあるなら、脱退してるだろう。

コメントはこちら

*

Return Top