Nogizaka Journal

乃木坂46・欅坂46・けやき坂46のエンタメニュースサイト

デイリーコラム第8回・水曜特集「乃木坂46でオーケストラを編成したら」

乃木坂46デイリーコラム 第8回・水曜特集 #02「乃木坂46でオーケストラを編成したら」

Chicago Symphony Orchestra, featuring the Marcus Roberts Trio

先日、6都市全16公演に及ぶ真夏の全国ツアーのフィナーレを神宮球場で締めくくった乃木坂46。このツアーでは「乃木坂らしさ」とは何かをメンバー自身、また観客に問いかけるとともに、生田絵梨花のピアノ独奏、さらにオーケストラを迎えて『何度目の青空か?』、『君の名は希望』を披露することで乃木坂側からその答えの一つが提示された。「乃木坂らしさ」の答えはファン一人ひとり違うものを持っているかもしれないが、あのステージに心を動かされた人は多かったことだろう。

今週の水曜特集は、乃木坂46のメンバーでオーケストラを作ってみたらどんな楽器が合うかを考えてみたい。クラシック音楽は漫画およびテレビドラマが人気を博した「のだめカンタービレ」でブームになったこともあり、身近に感じられる人も少なくないのではないだろうか。乃木坂46にはピアノ以外にもテナー・サックス、フルートなどの楽器経験者がいるが、それは少し頭から離して、筆者の主観により考えてみた。

なお、弦楽器が各一名ずつなのに対し管楽器や打楽器はフルセット、など、もちろん実際はありえない設定だが、人数の関係上一楽器あたり一人とさせて頂いた。

乃木坂オーケストラ

指揮: 桜井玲香

弦楽器
第1ヴァイオリン: 白石麻衣 (コンサートミストレス)
第2ヴァイオリン: 井上小百合
ヴィオラ: 衛藤美彩
チェロ: 若月佑美
コントラバス: 斎藤ちはる
ハープ: 相楽伊織

木管楽器
ピッコロ: 星野みなみ
フルート: 生駒里奈
オーボエ: 北野日奈子
イングリッシュホルン: 高山一実
サクソフォン: 鈴木絢音
クラリネット: 橋本奈々未
バスクラリネット: 山崎怜奈
ファゴット: 伊藤万理華
コントラファゴット: 新内眞衣

金管楽器
ホルン: 川後陽菜
トランペット: 渡辺みり愛
トロンボーン: 中元日芽香
バストロンボーン: 伊藤純奈
チューバ: 寺田蘭世

打楽器
ティンパニ: 中田花奈
スネアドラム: 齋藤飛鳥
バスドラム: 堀未央奈
シンバル: 伊藤かりん
トライアングル: 永島聖羅
タンバリン: 能條愛未
カスタネット: 秋元真夏
テンプルブロック: 川村真洋
鐘: 松村沙友理

鍵盤打楽器 (木琴)
マリンバ: 西野七瀬
シロフォン: 佐々木琴子

鍵盤打楽器 (鉄琴)
ヴィブラフォン: 和田まあや
グロッケンシュピール: 樋口日奈

鍵盤楽器
ピアノ: 生田絵梨花
チェレスタ: 深川麻衣
パイプオルガン: 斉藤優里

指揮はもちろんキャプテン桜井。
弦楽器はまず、第1ヴァイオリンかつコンミスは華のあるエース白石で決まりだ。第2ヴァイオリンは気品のある井上。ヴィオラは頼れるお姉さん衛藤がハーモニーを作り、チェロは若月が男性的な音色を奏でる。コントラバスは長身の斎藤ちはるが適任。ハープは相楽の長い黒髪がなびいて絵になりそうだ。

木管楽器は可愛らしいピッコロに妹キャラ星野、フルートでは小柄だがバイタリティ溢れる生駒が元気な音色を届ける。木管楽器の中でも特に吹くために肺活量を要するオーボエには、意外な怪力を見せる北野、イングリッシュホルンにはさらにパラフルな高山。サクソフォンは意外性満点の鈴木絢音が盛り上げる。クラリネットは安定感のある橋本に任せ、バスクラリネットは若いがしっかりものの山崎怜奈。ファゴットはバランス感覚の良い伊藤万理華、コントラファゴットにはOLお姉さんの新内を配置。

金管楽器はまずホルンに意思の強さを感じる川後。トランペットで渡辺の若さが炸裂。“びーむ”が飛び出そうな形のトロンボーンに中元、バストロンボーンは判断力のある伊藤純奈。チューバは負けん気の強い寺田蘭世が低音を響かせる。

打楽器は動きの多いティンパニで仕事人・中田、スネアドラムは「乃木團」で度々腕前を披露してきた齋藤飛鳥、バスドラムは、以前「NOGIBINGO!」の応援企画で妙にフィットしていた堀、シンバルは2期生のまとめ役伊藤かりんが務める。トライアングルはファニーガール永島、タンバリンはノリノリ能條が魅せる。カスタネットで可愛さ全開秋元、テンプルブロックにはダンスに定評のある川村が良いだろう。鐘は松村がさゆりんごパンチで鳴らす。

木琴類では、マリンバに今放送中のドラマ「初森べマーズ」でも主人公のピッチャーとしてしなやかな動きを見せる西野、シロフォンは名前がピタリと来る佐々木琴子で決まり。鉄琴類はヴィブラフォンの明るい響きに楽しい和田、そしてグロッケンシュピールの樋口日奈が色気を加える。

鍵盤楽器はピアノは当然「乃木坂46の至宝」生田だが、チェレスタは教会の聖母深川が奏で、荘厳なパイプオルガンを多才な斉藤優里が担当。

・・・

このメンバーオーケストラでどんな曲が聴けるのか、想像の中だけでもワクワクしてしまう。メンバー全員が楽器の技術を習得していき、全員でコンサートをやる場面をクライマックスにしたドラマなども出来たら面白そうだ。

アレンジメント等でも、このオーケストラでこんな曲が聴きたい、というご意見、また楽器とメンバーの組み合わせの違ったアイディア等、読者の皆様からも是非ともコメント頂けたらと思う。

(文・ななみん教授助手歴773年)


前回の水曜特集記事
デイリーコラム第3回・水曜特集「乃木坂46メンバーと飲みに行くなら!?」

筆者プロフィール

ななみん教授助手歴773年
医師とチェリストによる異色のコンビが、乃木坂46メンバーや彼女たちの物語を研究・分析。全国の乃木坂46ファンの皆様との情報の発受信はもとより、Nogizaka Journalを訪れる全ての皆様に、乃木坂46についてより深く知っていただくお手伝いが出来ればと思います。

COMMENT

  • Comments ( 4 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. いつも記事を楽しみに読んでいたのですが今回は・・・
    この楽器構成では、音圧が全然足りないし
    鍵盤打楽器が多すぎてあまりにも音楽にならない

    もう少しだけでも現実感ありそうな構成にしてみてはどうでしょう

  2. 個人的な希望なんですが、歌うことはもちろんなんですが、演奏まで含めて乃木坂のメンバーで完結することが出来たら、それをどの曲でも出来たら、多人数の女性アイドルの中では一歩抜け出るような気がするんですがねえ。

  3. 欽ちゃんバンドになりそう

    生駒「若月と玲香がアチチだぁ」

  4. 私のイメージではトライアングルとパイプオルガンが逆でした
    でも、これもまた見てみたい

    ああ分かる分かる!と
    とっても楽しく読ませてもらいました

コメントはこちら

*

Return Top