Nogizaka Journal

坂道シリーズ:乃木坂46/欅坂46のエンタメニュースサイト

乃木坂散歩道・第140回「『ともだちのともだち』のともだちってどんなヤツ?」

 えっ? なんで? なんで? なんで? あり得ない!
さゆちゃんを振る? 直接、目の前で告られてるのに?
しかも、嬉しそうにすらしない康介って……。
「いや、普通に仲良いじゃんか、友達として」

 乃木坂46、9thシングル「夏のFree&Easy」TypeCのDVDに収録されている、井上小百合さんの個人PV「ともだちのともだち」はファンの間で高評価です。ツイッター等のSNSで『せつない』という言葉があふれていました。これは台詞、演技、演出、脚本(映画「サッドティー」の今泉力哉監督です)の緻密な組み合わせによって得られたものだと感じました。

 それにしても、乃木坂のファンからすると、『さゆちゃんを振る』っていう感覚がなかなか理解できません。『なんで?』っていう思いが、どうしても頭に浮かんでしまうのです。いくら『物語』の中の出来事だとしてもです。

 そんな訳で僕は調べてみたのです、さゆちゃんを振るくらい想われている『ともだち』ってどんなヤツ?(怒)って思いながら。


 『ともだち』のお名前は佐藤 玲(りょう)さん。芸能プロダクション、テアトル・ド・ポッシュ所属の22歳、大学四年生だそうです。テアトル・ド・ポッシュ公式HPのプロフィールおよび、御本人のツイッター「佐藤玲(りょう)(@ryosato19920710)」より、画像を引用させていただきます。

sanpo140-1
なるほど

http://twitter.com/ryosato19920710/status/478876580853211136
ほー

http://twitter.com/ryosato19920710/status/471333098680901632
ムムっ


あはは!

 

 うーむ……康介くん、君の気持ち、少しわかった気がするよ。
 佐藤玲さん、またいつか乃木坂メンバーと御縁がある事を心の底から願っています。

 最後に頃安祐良監督の、ファンからのある指摘を受けてのツイートを紹介します。

 これは、監督流のファンサービスと解釈しました。それにしても、このツイートからは僕達(乃木ヲタ)と同じ匂いがするのですが……。

 P.S.頃安監督の映画「あの娘、早くババアになればいいのに」が7月12日~19日までテアトル新宿にてアンコール上映中です。なんでも同劇場で公開されたインディーズ映画で最多動員記録を更新したそうです。劇中には「ともだちのともだち」で『康介』役を演じた切田亮介さんも、主要キャストである清水役で出演しています。詳しくは公式サイトまで。

映画「あの娘、早くババアになればいいのに」公式サイト

プロフィール

Okabe
ワインをこよなく愛するワインヲタクです。日本ソムリエ協会シニアワインエキスパートの資格を持ちます。乃木坂との出会いは「ホップステップからのホイップ」でした。ファン目線での記事を書いていきたいと思います。(ツイッター「Okabe⊿ジャーナル」https://twitter.com/aufhebenwriter

コメントはこちら

*

Return Top