Nogizaka Journal

坂道シリーズ:乃木坂46/欅坂46のエンタメニュースサイト

フタバブックスで乃木坂46の特集ページが公開、佐々木琴子と広島出身の中元・和田を紹介

futababooks-banner002フタバブックスに掲載されたバナー(クリックで特集ページに飛びます)

 株式会社フタバ図書が運営する通販サイト「フタバブックス」にて昨日、乃木坂46の特集ページが公開され、トップページにバナーが設置された。これがファンの間で話題になっている。

 バナーには以前から同サイトで応援している佐々木琴子に加えて、本社を構える広島県出身メンバーの中元日芽香と和田まあやが登場。特集ページには乃木坂46と三人の紹介、関連商品が掲載されている。広島愛が感じられるとされる中で、こと佐々木に関しては、「出身:埼玉県(群馬より)」「(敬意をもって)ポンコツ」と、メディアやイベントでの発言が盛り込まれるなど、「フタバいち推し」の言葉に違わぬ力の入れようだ。

 フタバブックスでの「佐々木推し」は、昨年12月に行なわれた「10福チェーン”運命の推しメン会議”」に始まる。乃木坂46・1stアルバム『透明な色』の発売記念イベント「10福チェーン初売り合戦」(今年1月開催)に参加する各店の応援メンバーを決めるこのイベントでは、各店がくじ引きで決めた応援メンバーと席に着く中、フタバ図書チームは佐々木以外の3人が全員欠席、テーブルに3枚のパネルが並ぶという珍事が。ボーナスを争うクイズ大会では、上位にこそならなかったが、フタバ図書担当者の今村さんと佐々木の和やかな雰囲気に癒されるなど話題になった。

 1月のイベント後、フタバブックスではトップページに「佐々木琴子 関連商品」なるコーナーを設置し、佐々木の参加作品に加えて、佐々木の好きなアニメ・漫画作品等の商品を掲載。これが佐々木のブログでも紹介された。以降も、ブログやインタビューでの発言をもとに、随時商品を入れ替えたり、先日の正規メンバー昇格の発表を受けて、見出しに「(祝・昇格)」を加えるなどして、ファンを楽しませている。

 「引き続きフタバ図書はフタバ図書らしい方法で乃木坂46を応援していきます」としていたフタバ図書。今後も、さらなる企画を予定しているのかもしれない。

関連フタバブックス
関連佐々木琴子 OFFICIAL BLOG

*フタバ図書チームは佐々木と、生駒里奈、鈴木絢音、山崎怜奈の4人。鈴木らがフタバブックスを紹介したブログも、サイト内で取り上げていた(現在は削除されている)。

プロフィール

一介のリトルトゥース管狐
無所属の執筆者。当サイトでは寄稿記事、情報提供・ニュースリリース等を随時募集しております。お問い合わせは「コンタクト」まで。取材やタイアップ、外部媒体への寄稿・お手伝いなど、各種ご相談も承ります。

COMMENT

  • Comments ( 3 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 有りがたいことですね。売り側から推されるのは大切なことですね。生駒ちゃん含めまあや・ひめも加えてお礼の挨拶に行く(自腹でも)とよいと思います。最低でもそれぞれのブログでお礼のメッセージを書きましょう。そういえば立川でひめ推しも有ったよね。訪問した時はしっかり挨拶をした方が推しの人のためにも自分のためにも良いと思いますよ。運営からの了解が必要になるんだろうけど。あとどこだっけ?全面乃木坂にしてくれたところは?2期生は初期の1期生の乃木坂認知キャンペーンのティッシュ配りとか、諸々自分らの認知をあげる活動を2期生発案で進めるような活動をしなくては。まいしん、かりん、もちろんみおなとかは認知度上がっているけど、他の2期生はもっと積極的に自分の認知度を上げるために活動しなくては。全員昇格したわけでもあるし、昇格記念キャンペーンとかで出身地訪問とかやろうよ! 自分らからの積極性を見せよう!!!!

  2. フタバさんは、れなち、
    あーちゃん、生駒ちゃんも
    貢献してくれたのに、、(笑)
    いまむーがKTK推しなんですね。

  3. フタバブックさん粋なことしてくれますね。嬉しいなあ。

    でも、他の人が指摘してたんだけど、ひめたんびーむは持ちネタじゃなくて必殺技ですw

コメントはこちら

*

Return Top