Nogizaka Journal

坂道シリーズ:乃木坂46/欅坂46のエンタメニュースサイト

乃木坂46「気づいたら片想い」の作曲はAkira Sunset、MV監督は柳沢翔

Akira Sunset
Akira Sunsetさんのツイッター

4月2日(水)発売の乃木坂46の新曲『気づいたら片想い』の作曲者がハワイアン・レゲエ・ユニットSafarii(サファリ)のAkira Sunsetさんであることが、本人のツイッターで明かされている。

Akira Sunsetさんはこれまでに、作曲を手がけた『狼に口笛を』(2nd Type-C c/w、編曲・シライシ紗トリ)、『海流の島よ』(3rd 通常盤 c/w、編曲・京田誠一)、作編曲を手がけた『そんなバカな・・・』(7th Type-B c/w)の三曲を乃木坂46に提供してきたが、表題曲に選ばれたのは今回が初めて。ツイッター(@Akira_Sunset)では「切なくて優しい曲です。ついに表題曲書かせて頂いて本当に嬉しいです。」と喜びの報告をしている。

また、本日7日に公開されたミュージックビデオについて、クリエイティブ・ディレクター、CMプランナーの澤本嘉光さんの企画を柳沢翔監督が手がけたことも、柳沢監督のツイッター(@SHOWyanagisawa)で明かされている。柳沢監督もまた、『シャキイズム』(5th c/w)や『ガールズルール』(6th)のMV、伊藤万理華や堀未央奈の個人PVを手がけるなど、乃木坂46には縁が深いクリエイターの一人。

そんなクリエイターたちのコラボから、“せつなさ”を掛け合わせた『気づいたら片想い』の映像作品が誕生した。西野七瀬が初のセンターを務める今作も、前作に続きストーリー仕立てになっているのでぜひ一度ご覧あれ。

プロフィール

一介のリトルトゥース管狐
無所属の執筆者。当サイトでは寄稿記事、情報提供・ニュースリリース等を随時募集しております。お問い合わせは「コンタクト」まで。取材やタイアップ、外部媒体への寄稿・お手伝いなど、各種ご相談も承ります。

COMMENT

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. CMプランナーってどうしてこうも薄っぺらい世界観好きなの?

コメントはこちら

*

Return Top