Nogizaka Journal

坂道シリーズ:乃木坂46/欅坂46のエンタメニュースサイト

「君の名は希望」、ジャーナル編集部の一推しTypeA編

5th_typea_220
「君の名は希望」乃木坂46

 乃木坂ジャーナルで企画した、「君の名は希望」ジャーナル編集部の一推し。先月13日に発売された同シングルのタイプA、B、Cについて、サイトのライター陣で1枚ずつ振り分けて、一推しとして紹介しようという試みです。

 今回のシングルでどれか1枚を選べと言われて選ぶことは、楽曲で選ぶか、推しメンありきで選ぶかでもしなければ、よほど難しい選択になります。今回のシングルはそれほど絶妙なバランスで振り分けられていました。

 そんな苦悩の末、私が選択したのは最も手に取られるであろうタイプA。今回は「君の名は希望」タイプAという1枚についてオススメさせていただきます。


 まず伝えたいのはジャケットにも楽しみがあるということ。表には、ばっちりとポーズを決めている白石麻衣さんと転げたような生駒里奈さん。セルフタイマーで撮影したためか、不揃いなところに遊び心を感じます。ブックレットの裏面を見ると、表の写真の続きを思わせるようなシュールな1枚。裏ジャケットの2枚を見ても、撮影時の楽しそうな雰囲気が伝わってきます。

 タイプAのCDには、表題曲の「君の名は希望」、共通カップリングの「シャキイズム」、タイプA限定カップリング「ロマンティックいか焼き」の3曲が収録されています。タイプ限定の「ロマンティックいか焼き」は、「ハウス!」とも違う、「せっかちなかたつむり」とも違う、これまでの乃木坂46になかったアイドルソング。アップテンポで楽しげな、それでいてどこか寂しさを感じさせる、そんな曲になっています。
 DVDには「君の名は希望」のPVのほか、振り付けやストーリーが好評な「シャキイズム」のMVが収録されています。アンダーメンバーも参加している貴重なMVですし、なによりコミカルな世界観に思わず惹きつけられてしまいます。YouTube等で公開されている公式動画をぜひ一度ご覧になってください。

 そして、新曲のリリースの度に楽曲と同じくらいファンが楽しみにしている個人PV。タイプAには生駒さんの作品を始め、発売前から期待されていた伊藤万理華さんの作品など11作品が収録されています。オススメということで、いくつか紹介させていただきます。

・市來玲奈×山岸聖太「サウスポー市來」
左利きってかっこいい。それだけで何か持ってる気さえする。
左利きへの憧れから、市來さんが書道や野球など様々な挑戦をしていきます。
誰でも楽しめるコメディ作品となっていて、元AKB48のあの人物のパロディなど見所も多くなっています。深く考えずにご覧ください。

・伊藤万理華×福島真希「1カット!」
2枚目のシングル「おいでシャンプー」で伊藤さんの個人PVを担当したチームが、このために再集結。
これまでの伊藤さんの個人PVではオリジナルの歌という部分でも好評だったことから、今回は歌だけで勝負しています。仕掛けてます。
生歌とダンスだけでなく、美術やスタッフロールまでこだわった力作は必見の内容です。ぜひ細かい点にも注目して、繰り返し観てみては。

・川後陽菜×佐藤有一郎「恐怖映画?」
今作唯一のホラー作品。女優・川後陽菜を堪能できる一作です。
ただ怖いだけじゃない。物語の最後までしっかりと目を開けてご覧下さい。

・高山一実×金子茂樹「どんまい!」
日常の中の「どんまい」な出来事を、シュールに、面白く描き出した作品。
思わずつっこんでしまうような出来事から、言葉を失ったり、笑ってしまったり、色々な感情を引き出すシチュエーションが詰め込まれています。
最後まで静的、動的を問わずリアクションを途切れさせないところに作品としての完成度の高さを感じました。

・若月佑美×内村宏幸「若月×文学」
若月さんが書き下ろした脚本から、名番組「乃木坂浪漫」が個人PVで蘇ります。
主演、脚本、作中画を若月さんが務めたこの作品は、以前、橋本奈々未さんが自身の個人PVの監督を務めたのと同じくらい貴重なものです。
オフショットでは意外な人物の登場もありますよ。

 他の作品も、46通りの「好き」を表現する伊藤寧々さんの作品や、物と体を使って文字を表現する樋口日奈さんの作品など、観ていて照れてしまうものや微笑ましいものなど、盛りだくさんです。白石さんの作品も深い内容になっていますよ。

 ロングセールスを狙っているという今回のシングル、テレビのプロモーションCMを新調するなどして注目を集めています。まだまだ売れそうですね。

【関連】
乃木坂ジャーナル編集部の一推しTypeB編
ジャーナル編集部の一推しTypeC編「君の名は希望アカデミー賞」

君の名は希望(DVD付A)
君の名は希望(DVD付A)

posted with amazlet at 13.04.09
乃木坂46
SMR (2013-03-13)
売り上げランキング: 181

プロフィール

一介のリトルトゥース管狐
無所属の執筆者。当サイトでは寄稿記事、情報提供・ニュースリリース等を随時募集しております。お問い合わせは「コンタクト」まで。取材やタイアップ、外部媒体への寄稿・お手伝いなど、各種ご相談も承ります。

COMMENT

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 伊藤万理華のPVがなぜ好評なんだろ?
    あんなに安易な作品なのに。
    “可愛いアイドルを歌わせて躍らせるだけ”の一番簡単で安易な作品。
    誰でも発想でき、ど素人でも作れるレベル。
    クリエイティブのかけらも無い作品。

    • 素材の良さを味わう時に、余計な味付けをしないのと同じように、まりっかのそのままの良さを引き立てているのさ、きっと

コメントはこちら

*

Return Top