Nogizaka Journal

坂道シリーズ:乃木坂46/欅坂46のエンタメニュースサイト

ジャーナル編集部の一推しTypeC編「君の名は希望アカデミー賞」

5th_typec
「君の名は希望」乃木坂46

 乃木坂ジャーナル編集長より「君の名は希望」の発売前日に提案がありました。ライターがそれぞれ分担して、「君の名は希望」のTypeA~Cを紹介しようという企画です。
 どれも捨てがたく迷っていたのですが、あるPVに感動した旨をお伝えしたところ、その作品が収録されているTypeCを担当することになりました。そこで、個性的な記事を書くために、自分の中でいくつかの縛りを作ってTypeCを紹介しようと思いました。
 PVに関しては、人気メンバーの紹介なんてしなくてもみんな見るだろうと、だから、アンダーのメンバーにこだわろうという縛りを考えていました。もう一つは、いつものこだわりです、違った角度から見たTypeCを伝えるという縛りです。

 で、実際観てみたわけですが、正直完全にやられました。衝撃的な作品がTypeCには隠されていたんですね。そう、完全に隠されていました、予告編だけでは全く想像がつかない展開です。
 TypeA~CすべてのPVの中で、一番素敵な作品は伊藤万理華さんの「1カット!」がダントツでしょう。僕が思うに、ダントツの2番がTypeCにあります。星野みなみさんの作品です。観ていない人もまだいるんじゃないでしょうか? あるいは、TypeCを買ってすらいない人いますか? 乃木坂ファンなら、TypeCは絶対買いです。だって、ダントツの2番が入ってるんですよ? 星野さんのPVに関しては、この記事では紹介しきれないので、新たに記事を書きます。その記事を見る前に、是非星野さんのPVを御覧になっておいてください。

 
 さて、星野さんのインパクトが強すぎて、選抜を紹介しないという縛りは守れませんでした。それならば、せめて、角度を変えて見てみるという縛りくらいは守らないといけません。今回こだわってみたのは、メンバー以外の登場人物に注目してみるということでした。例えば、中元日芽香さんの相手役の男性、松村沙友理さんの対談相手の津田大介さん、そして、大和里菜さんの劇団員などなど。
 TypeCの最優秀主演女優賞+作品賞+監督賞+企画賞+音楽賞は星野みなみさんの総ナメです。それならば、最優秀助演女優男優賞を決めてみようという試みです。

 まずは松村さんのPVに出演している津田大介さん。松村さんのPVの発言は、突拍子もない発言にも見えますが、実は本質をついていそうで深いですね。松村さんってああ見えて、意外と頭が切れそうです。その発言を引き出したという点で助演男優賞にノミネートされました。

 続きまして、中元日芽香さん、相手役の男性のプロフィールがちょっとわからないのですが、それは、乃木坂の運営の配慮でしょう。中元さんのファンならジェラシー半端ないでしょうから。
今回の全てのPVの中で、恋愛対象となる人の顔まで映しているのは、中元さんのPVだけじゃないかと思います(秋元さんは手だけ、桜井さんは後姿だけ)。しかも、セリフもちょっと際どいですよね。

 最後に大和里菜さん。このPVは見ていて辛く、正直な話、何度も途中でストップしました。PVを観る方の覚悟も必要とします。面白いか面白くないかで言えば、面白くありません。でも、それで終わらせない力がこのPVにあるのも確かです。今回見たすべてのPVの中で、涙があふれたPVは、この大和さんのPVだけでした。

 このPVでは大和さんの現状を「残酷に」描き出しています。彼女の心構え、彼女が出来ないこと、彼女に足りないもの。その大和さんの今のありのままを、ほんのわずかな体験という時間で引き出した劇団の講師。その講師の言葉は大和さんに図星すぎて、心が痛くなってしまいました。それは彼女の弱さであり、彼女にとって、変えなければいけないこと。それが、第3者である僕たちにも気付かされます。
 大和さんは逃げます。多分、大和さんは思っていたのかもしれません、なんで、たかがPVの為にこんな思いをしなければいけないのかって。このままでは多分ボツになったPV撮影、それを救ったのは劇団員の皆さんでした。一度折れてしまった大和さんの心を励まし、そして、もう一度立ち上がらせてくれました。みんなで大和さんを支え、そして、少しだけ、ほんの少しだけ大和さんの心の殻を破ってくれました。
 彼等彼女等の暖かい目線、力強い気持ち、揺ぎ無い自信、大和さんに見習ってほしいと思うと同時に、自分自身もこうありたいと、ファンとしてこんな気持ちで乃木坂を応援したいと、そう思えたのです。
 こうして観ているうちに大和さんのPVの主役は、大和さんではなくなってしまいました。主役は劇団の皆さんが喰ってしまいました。それでも、立場上助演女優男優賞にノミネートさせていただきます。

 さて、ここまで書けば、僕が誰のPVを見てほしいのかわかっていただけたと思います。大和さんのPVです。見ていて辛い、でも、心に響きます。これからの大和さんが、このPV撮影から得られたものを僕たちに見せてくれたらと心から願っています。大和さんのPVは劇団員の皆さんがいなければ絶対に作れませんでした。劇団員の皆さんを最優秀助演女優男優賞にさせていただきます。

 
 最後に小ネタを一つ。今回紹介したTypeCにある能條愛未さんのPVで、レオタード(?)でダンスを踊るシーンがあるのですが、そのシーンは超大昔のアメリカの映画「Flash Dance」をモチーフにしている気がします。

 編集長! PVの紹介だけで、この記事はお腹一杯です。「でこぴん」の紹介は無しでいいですか?

君の名は希望(DVD付C)
君の名は希望(DVD付C)

posted with amazlet at 13.03.17
乃木坂46
SMR (2013-03-13)
売り上げランキング: 57

筆者プロフィール

Okabe
ワインをこよなく愛するワインヲタクです。日本ソムリエ協会シニアワインエキスパートの資格を持ちます。乃木坂との出会いは「ホップステップからのホイップ」でした。ファン目線での記事を書いていきたいと思います。(ツイッター「Okabe⊿ジャーナル」https://twitter.com/aufhebenwriter

COMMENT

  • Comments ( 4 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 私の中では、ダントツ1位は星野さんでした。新しい記事を楽しみにしています。大和さんのはかわいそうだと思うと同時に、意外と簡単に投げ出したことに驚きました。

  2. 大和ちゃんのは、今の大和ちゃんの姿が、いままで見てきたイメージそのままに映し出されていて…なんか妙に納得というか…。
    本人も、自分に対してのふがいなさを感じているのか(情けない姿を見られたくないと思っているのか)、ブログにもこのPVについて言及していなかったように思います。
    彼女も選ばれたメンバーです。この殻を突き破って欲しいです。

  3. 大和のやつは説教の言葉は正論だが
    やってることはむちゃぶり
    アイドルに負荷かけて感動させようっていう手法にしらける
    例えば大和がどんなに優秀でも
    大和が追い込まれることはすでに決まっていて
    そのうえで成立するPV

    大和のブログは一時期に比べ元気がなく
    短文になったように思える

  4. とまとのは正直辛かったよね
    みなみはダイジェストつまんないっておもって全部のをみたら意外に良かった

コメントはこちら

*

Return Top