Nogizaka Journal

坂道シリーズ:乃木坂46/欅坂46のエンタメニュースサイト

ノギ・コーデ(仮)Vol.5 ~川村真洋編~

前回の記事(ノギ・コーデ(仮)Vol.4 ~桜井玲香編~)へコメントを下さった皆様、ありがとうございました。名前が挙がったメンバーのコーディネートは今後記事にしていきますので、楽しみにして頂けたらと思います。

さて、第5回ではコメントにも名前が挙がっていて私個人も注目していた川村真洋さんのコーディネートを取り上げたいと思います。18歳の川村さんですが、私服は実年齢よりもいくらか大人びて見えます。コーディネートはシンプルですが、ただシンプルというよりも豊富にアイテムを使うなどファッション的な要素を省いているというのが印象的です。では、4月22日と5月5日に横浜で行われた個別握手会の私服に焦点を当てて紹介したいと思います。

“ズレた”背伸び感を出さないコンパクトなコーディネート

まずは、こちらのコーディネート。メンバーの白石麻衣さんと買い物に行ったときに購入したという黒いスカートと、おそらく白とピンクのギンガムチェックの小さめのシャツを合わせたスタイリング。

シャツインすることでコンパクトにまとめることが出来ています。また、黒いスカートが”大人っぽさ”を演出していますが、うすピンクのシャツと白い靴でしっかりと可愛らしさも出していて、この年頃にありがちな“ズレた”背伸び感を感じさせません。

続いてのコーディネートは、比較的濃いオレンジ色のシャツに紺色のハイウエストショートパンツを合わせたもの。色が際立つ、一見シンプルなシャツには可愛らしいギャザーが入っていて、ショートパンツはウエスト部分の白いボタンがアクセントになっていてとても可愛らしいです。

きっと靴ありきで考えたのだと思いますが、こちらも全体のカラーコーディネートがバランスよく組み合わせられています。シャツの印象が強く、またパンツの色もはっきりとしているので、いっそう白が際立ちます。アクセントのボタンと靴の色が同じという点もよく考えられています。

この2つのコーディネートは、シンプルな部分は共通するものの若干違ったジャンルのコーディネートとなっていますので、どちらの部も行かれた方は各部で川村さんに違った印象を持ったかもしれません。

バランス感覚に優れたコーディネート

川村真洋の私服。トップスの重ね着がグッド
出典:2014年5月6日のブログ『*..横浜 個別握手会 ..* 〜ろってぃ-〜』より

続いては、5月5日に同じく横浜で行われた個別握手会でのコーディネート。白いトップスに柔らかめの生地で出来たゆったりとしたパンツを合わせています。

本人もブログで記しているように、ウエスト部分とその他の部分で生地が違っていて、ウエスト部分はビーズやスパンコールで派手めのデザインとなっています。そのためインナーは肩の部分に同じような素材で出来たものを着てバランスを取っています。2枚のトップスの重ね着でここまで拘れるのはお洒落ですね。ゆったりとしていて落ち着いた色合いのパンツにもよく合っていると思います。

川村真洋の私服。真っ赤なスカートがポイント
出典:2014年5月6日のブログ『*..横浜 個別握手会 ..* 〜ろってぃ-〜』より

2つ目のコーディネートは、シャチが印象的な白いシャツに真っ赤な膝丈スカートを合わせて、ヘアセットもリボンを付けて髪を上げています。これまでの3つとは違い、やや子どもっぽさ(可愛らしさ)を前面に出しているように感じますね。

シャツがプリントか刺繍か気になるところですが、いずれにしても組み合わせ次第で一見子どもっぽくなってしまいそうなシャツです。そうなりすぎないように真っ赤なスカートで大人っぽさを思わせて、強弱を明確につけてバランスを取っているのです。ヘアスタイルも普段テレビで見るのとは違った新鮮な印象を与えてくれます。

総括

全体の総括ですが、川村さんは絶妙なコーディネートのバランス感覚に優れているのと、18歳とは思えないほど大人っぽい印象があります。コーディネートのバランスは過去のコラムでも何度も言葉として使ってきたように、ファッションでは非常に大切です。一見合わせるのが難しいと思っても上手くバランスを取れるのは、お洒落なコーディネートをする上で前提となってくるところです。

それと大人っぽさなのですが、10代後半になると、より具体的な”大人っぽさ”に憧れを持ち始める頃だと思います。特に女性だと購読する雑誌が変わったり、実際に着る服のジャンルが変わったりしやすい年頃でもあります。川村さんはそのお手本のようなコーディネートをしていて、とても大人っぽいです。10代後半で“大人っぽさ”にチャレンジしてみたい女性の方は、ぜひ川村さんのコーディネートをお手本に新しいファッションにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

*本コラムでは引き続き、ご意見・ご感想を募集しています。スマホを利用している方など、本記事にコメントが投稿できない場合はツイッターで記事のリンクと一緒にツイートしていただければ確認出来ますので、是非よろしくお願い致します。

プロフィール

MACABRE
ファッションが大好きで、個人のコレクション制作、プレスのお仕事、ディレクションなどをしています。
現代アートなど、言葉にできないモヤモヤした現象・表現も好きです。
乃木坂46 x ファッション を表現として探求しています。
Twitterでファッションについての質問や取り上げて欲しいメンバーを募集しています。是非お声掛けしてください。
ファン歴は短いですが、皆様と記事やコラボを通して乃木坂46の活動を楽しみたいと思います。

COMMENT

  • Comments ( 7 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. この人はアイドル好きが好むルックスじゃないけど、オシャレだし、凄くフォトジェニックだと思う。写真見てると、いつでも完成度が高い。

    • 抜群の歌唱力と表現力に加えて
      お洒落のセンスも抜群。
      でもキャラクターが結構、素っ頓狂で
      かなりの天才肌な人だなという印象。

      乃木坂というか、アイドルとしては
      ファンのツボに入りづらい人ですけど
      他の分野で成功しそう。
      褒めてないな・・・。

  2. 伊藤寧々さんの特集してください!!お願い致します。。

  3. 「13日の金曜日」でのクラブジャケットと真っ赤な帽子はインパクト大だった。

  4. ろってぃは結構前から大人っぽいコーデをしていたから上級者ですね
    御家庭でもこういう趣向が好まれてるみたいですが、当人のキャラとコーデからくるイメージが違いすぎるのが難点

    タレントさんなのでイベントで着る私服も自己プロデュースだと考えて欲しい

コメントはこちら

*

Return Top