Nogizaka Journal

乃木坂46・欅坂46・日向坂46のエンタメニュースサイト

乃木坂46、「7th YEAR BIRTHDAY LIVE」は2年ぶり全曲披露へ

乃木坂46公式サイト(2019年2月18日)乃木坂46公式サイト

 乃木坂46が2月21日(木)から24日(日)までの4日間にわたって大阪・京セラドーム大阪で開催する「乃木坂46 7th YEAR BIRTHDAY LIVE」が、ファン待望の全曲披露ライブとなることがわかった。メンバーの斉藤優里が本日放送の「Nutty Radio Show THE魂」(FM NACK5)で明かした。

 斉藤はオープニングトーク後のお知らせコーナーで「バースデーライブが全曲披露っていうことになりまして」と発表。4日間での全曲披露に向けて、「懐かしい曲とか、卒業しちゃったメンバーのポジションは誰がやるんだろうとか、皆ワクワクしててもらいたいなと思います」とリスナーに呼びかけた。ともに月曜パーソナリティを務めるHappyだんばらも、プラチナチケット化している状況を受けてか、「1日でもすげえスペシャルですけど、全部行く人は相当ラッキーでございますから」と話した。

 乃木坂46のCDデビュー日(2月22日:乃木坂46の日)を誕生日として祝うバースデーライブは、2013年の初開催から2017年の5周年記念ライブまで「全曲披露」をテーマに開催。グループの足跡をたどるように開催時点の持ち歌を全曲披露するのが恒例で、普段はあまり見られない楽曲も披露される貴重な機会だった。昨夏の6周年記念ライブでは内容を一新して、2会場同時併催の「シンクロニシティ・ライブ」に初挑戦した。

 そうした前例もあり、また毎年20曲以上のペースで新曲が増えることから全曲披露の復活は困難とする見方もあった。しかし、ライブが迫った今月12日に「のぎおび⊿」(SHOWROOM)を担当した松村沙友理が全曲披露をほのめかす発言をしたことから期待する声が増加。今回の発表を受けてTwitter上にはファンの喜びの声が続々と上がっている。

 なお、今年のバースデーライブは最終日のDay4を「西野七瀬卒業コンサート」として開催。この日の模様はNTTドコモの音楽ライブ配信サービス「新体感ライブ」での生配信・見逃し配信(ディレクターズカット版)に加え、全国200館超の映画館でライブ・ビューイング及び翌日のディレイ・ビューイングが行われる。詳細は乃木坂46公式サイトまで。

関連乃木坂46公式サイト

筆者プロフィール

一介のリトルトゥース管狐
情報発信の場として、2012年に当サイトを開設・運営。ライターとしてはエンタメ・スポーツ・ビジネス系を中心に寄稿も。ご依頼はコンタクトの専用フォームよりお問い合わせください。情報提供・取材案内もお待ちしております。

COMMENT

  • Comments ( 3 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 22日と23日に行くのですが、遠方に帰るため、終演時間が心配です。橋本奈々未卒業コンサートは22時を過ぎました。月曜日でしたので開演も遅かったと思うんですが、今回は17時開演ですから、終演がどれくらいになるのか、参考にしたいので、どなたか、橋本奈々未卒業コンサートの開演時間を覚えていらっしゃる方はありませんか?

    一般発売のプレイガイドのページでは21時終演予定となっていましたが。

  2. 昨日一日で40曲披露したって書いてあったな。一枚につき5曲新曲がでるとしてアンコール分は重複するとするとバレッタくらいまで終わったのかな。それかガールズルールで止めておいてアルバムの曲何曲かやるとか。なながセンターの曲は最終日に持ち込むだろうし明日明後日もサプライズでソロ曲だけ歌いにくるのかもしれないね。

  3. day,2day3は京セラドームに行き、西野七瀬卒業コンサートはライヴ中継をどきどきみていました。

    圧巻のパフォーマンス。とにかくみていてとても楽しいライヴでした。メンバーも楽しんでいる様子が伝わってきて、素晴らしいライヴでした。

    舞台のセットも演出も凝っていて、いやらし言い方ですが、必ずチケットが売れるコンサートは演出に躊躇なくお金をかけることができてより素晴らしいライヴになると感じました。といいながら、乃木坂らしい演出で、お金がかかっているということは表に出さない、さりげなさがまた粋でした。

    最近の乃木坂46のライヴをみていると、「ダンスは揃ってないし、歌えない。握手会だけのアイドル」と揶揄されたあの時代はなんだったんだろう?とおもいます。あの頃があったから今があるのは確かなんですが。あの頃は今の乃木坂の姿は想像できなかった。

    ちょうど2年前、橋本奈々未卒業コンサートのテレビ報道で、「グループが人気絶頂期をむかえる中………」と言われました。正直、あの時、今が絶頂なんだろうな。と思いましたが、とどまることなく更なる大躍進。まだまだ、乃木坂は坂をのぼり続けると確信できるコンサートでした。

コメントはこちら

*

Return Top