Nogizaka Journal

乃木坂46・欅坂46・けやき坂46のエンタメニュースサイト

プロ棋士をも巻き込んだ乃木坂46の「恋の藤井システム」騒動

乃木坂46のファンを中心に話題となり、将棋界へと波及した「恋の藤井システム」騒動。この話題は、将棋のプロ棋士の耳にも届いていた。

今年3月26日、乃木坂46の若月佑美のブログタイトルでこの言葉が使われると、他に4人のメンバーのブログでも次々に登場。4月下旬から徐々に注目され始め、5月中旬には7月に発売される乃木坂46の新曲のタイトルではないかという噂が出回り始めた。

これが乃木坂46のファンを飛び越えて将棋をたしなむ人たちの間で話題になると、中村太地六段、上野裕和五段、片上大輔六段、窪田義行六段、そして片上六段のいう“某九段”ら数名のプロ棋士までもが反応を見せた。

「恋の藤井システム」の「藤井システム」とは、藤井猛(ふじい・たけし)九段が1995年の対局で初披露し、僅か47手で相手を投了させた戦法。これは現代将棋に大きな影響を与えた序盤の戦法で、藤井九段は新しい手を指した者や定跡の進歩に貢献した者に授与されるという升田幸三賞を受賞した(藤井九段は2012年にも「角交換四間飛車」で二度目の受賞を果たしている。)。それだけの快挙であるから、将棋界で話題になるのも当然といえば当然か。

将棋界では、乃木坂46の新センター・白石麻衣と藤井九段が同じ群馬県出身であることなどでも関心が持たれていた。安易に近づいてもらいたくないという声がある一方で、「リリースされたらぜひ聴いてみたい」「引っ込み思案な男の子を47手で落としちゃおうとかそういう歌詞だったら絶対買う」と興味を持った者も少なからずおり、囲碁ブームの火付け役になった漫画「ヒカルの碁」(集英社)のように、噂されている曲が将棋ブームのきっかけになるのではと噂を楽しむ者もいた。

もっとも、この言葉の真相は22日の若月のブログで、文化放送で毎週日曜日20時30分から放送中の乃木坂46のラジオ冠番組「乃木坂46の『の』」の担当作家が将棋好きで、「恋の藤井システム」という文字の入ったTシャツを着ていたため、この番組に出演するメンバーが隠語的に用いていたことが明かされている。

マッチポンプを意図したものではないにしろ、一連の騒動で注目を集めた両界。これをきっかけに、今後、本当に乃木坂46と将棋のコラボが実現するなんて話もあるのかもしれない。

【関連】
乃木坂46で噂の「恋の藤井システム」の意味

藤井システム―升田幸三賞受賞戦法 (MYCOM将棋文庫)
藤井 猛
毎日コミュニケーションズ
売り上げランキング: 368,038

筆者プロフィール

一介のリトルトゥース管狐
情報発信の拠点として当サイトを開設。外部媒体を含め、取材や記事執筆などのご依頼を常時受け付けております。コンタクトのお問い合わせフォームよりご連絡ください。

COMMENT

  • Comments ( 11 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 惜しい! あと一手早ければ「僅か46手で相手を投了させた戦法」となって、乃木坂46の話題にさらに花を添えたのに(笑)。

  2. 早速、取り上げていただき感謝です
    藤井さんは飄々としてシニカルで好きな棋士なので近づいてくれてもいいかなw

  3. というかそこまで話題なら作っちゃえばいいよ
    恋の藤井システム。ロマンティックいか焼きよりは普通だし
    話題にさらに話題を呼び、以外な層への宣伝になる
    こういう層になかなか声を届けるのは難しい
    テレビ宣伝しても見ない人は見ない。いいチャンス
    まあ今の運営に、現場を見ることを期待するのは無理だし
    ましてや臨機応変に対応する乃木坂運営など夢のまた夢

  4. 人の名前を使うのは北川謙二以来!
    珍しいことをやりたがる、あのプロデューサーのこと!

  5. 川栄の曲もすぐ作ちゃったからあるかもね

  6. 将棋を知らない人間からしたらアッソとしか思わなかったけど

  7. 勝手な憶測で変に期待させちゃってるけど、6thタイトル「恋の藤井システム」じゃなかったら・・・

  8. 1期の32メン+2期の15メン=47手じゃないのかな?

コメントはこちら

*

Return Top