Nogizaka Journal

乃木坂46・欅坂46・けやき坂46のエンタメニュースサイト

乃木坂散歩道 第40回「嵐にしやがれ」

sanpo040
バナナマン・日村勇紀

 アイドルが目標にすべきアイドルは? この設問に対して僕ならば、AKB48とは答えずに、嵐と答えます。AKBも凄いグループです。CDシングル売り上げが200万枚までいく事は、メディアが多様化しているこの時代では、驚異的です。ただ、AKBは握手券付き、あるいは投票券付きという売り方です。
 一方で嵐のCDには、握手券はつきません。それでも、最新シングル「Endless Game」は初週48万枚の売り上げです。握手券がつかないので、CDを複数枚買う意味はせいぜい保存用位のものです。単純に考えても、嵐のCDを買うファンが40万人以上いるということになります。もしも、嵐のCDに握手券を付けようものなら、スケジュールさえ押さえられれば握手会は終わりが見えません、まさにエンドレス。

 テレビへの露出という意味でも、嵐は他を圧倒しています。ゴールデンタイムに嵐を見ることは珍しくありません。そんなモンスターグループ、嵐の番組に「嵐にしやがれ」という番組があります。

 乃木坂メンバーのブログにも出てきましたが、先日6月15日に、我らがバナナマンの日村さんが、日本テレビ系列で毎週土曜日夜10時から放送している、超即興バラエティ「嵐にしやがれ」に出演しました。バナナマンとしてではなく、日村さん単独での出演です。そして、来る29日の放送も日村さんが出演する回の後編になります。これは、番組上非常に珍しいことです。過去に複数回出演しているゲストはいますが、前後編で2週連続の出演は、3年以上にわたる番組史上、長淵剛さんと日村さんだけです。「乃木坂って、どこ?」(テレビ東京系)だけで日村さんを見ていると、アシストに徹しているため派手さという意味での凄さは伝わってきませんが(そこが良い所かもしれませんが)、「嵐にしやがれ」での異例の扱いを受けているのを知った時、「日村さんってスゲー」って思うのでした。

 肝心の内容ですが、まずは、日村さんの定番、TM NETWORKの「Get Wild」で入場です。テーマ曲が変わるのも、異例の待遇です。
 前編は、『変顔』に挑戦でした。「乃木坂って、どこ?」でも日村さんがメンバーに指導されていたように、変顔したときに悲鳴が上がらないといけないという、日村さんのポリシーが充分に発揮されていて、それは嵐にもしっかりと伝わっていました。嵐の櫻井翔さんが「ファンからの悲鳴を初めて浴びた」という言葉を聞いた時、3月24日放送「乃木坂って、どこ?」#76 自撮り選手権の高山一実さんを思い出してしまいました。

 他には日村さんの相方・設楽さんへの『愛』が紹介されました。日村さんは設楽さんの寝顔の写メのコレクションをしていて、その寝顔に「胸キュン」してしまうそうです。この仲の良さが、2人が出演する番組での、あのほんわかした雰囲気を作ってくれている一つの要素なんですね。

 後編は29日夜10時から、「バナナマン日村劇場、怒涛の後編! ブサデミー賞に輝く嵐は誰だ!? ブサイク地獄後編」と題されて放送されます。乃木坂メンバーは出ませんが、バナナマンファンはお見逃しなく!

筆者プロフィール

Okabe
ワインをこよなく愛するワインヲタクです。日本ソムリエ協会シニアワインエキスパートの資格を持ちます。乃木坂との出会いは「ホップステップからのホイップ」でした。ファン目線での記事を書いていきたいと思います。(ツイッター「Okabe⊿ジャーナル」https://twitter.com/aufhebenwriter

COMMENT

  • Comments ( 7 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. みんなに愛されるアイドルになって欲しいね

  2. バナナマンの今までのコントの完成度を見たら
    すごさがわかる
    まあ、それいぜんに話もうまいけど

  3. 細かいことだけど、北島康介選手も二週連続でしたよ。

  4. TMNETWORK好きとしては堪らんね
    日村と世代一緒だから『GETWILD』最高!
    最近は彼の人の良さがよく判る映像が流れる事が多くて嬉しい

  5. まぁ確かに嵐は凄いな
    初回と通常の2種売りだし特別凄い特典があるわけでもないのにこんだけ売れてるし
    今の乃木坂もずっと続いてほしいけどジャニーズと違って卒業があるから無理か

  6. 多人数・握手会グループである以上ジャニーズを超えることは絶対できないよね。ライト層はメンの顔が覚えられないから親近感もわかないからね。

  7. それ言ったらSMAPが一番すごいと思いますね・・・

コメントはこちら

*

Return Top