Nogizaka Journal

坂道シリーズ:乃木坂46/欅坂46のエンタメニュースサイト

乃木坂散歩道 第77回「MUSIC JAPAN公開収録レポ」

 11月11日にNHKホールで行われた「MUSIC JAPAN」公開収録に参加してきました。乃木坂46が出演するイベントで合同ライブを観るのは今回が初めての参加になります。どんな感じなのか全く想像がつかないまま当日を迎えました。

 レポートのスタートは渋谷駅から。会場であるNHKホールに向かって、スクランブル交差点を越えてしばらく行くと、なんだか既視感におそわれる不思議な通りに出ました。渋谷は生涯でたぶん数回しか来たことがありません。なんで、見たことのある景色が広がるんでしょうか? きっと、僕と同じ乃木坂46のファンの方は同じような感覚になると思います

sanpo077-1
▲渋谷にある既視感のある通り

 
会場は10月に乃木坂46が公演を行った国立代々木競技場のそばにあります。

sanpo077-2

 この公開収録の入場方法は乃木坂46全握ライブ方式+αです。会場周辺に整列し、入場時に受付で座席票が無作為に配られます。座席指定なので早く並んでも意味が無いというやつです。とにかく、警備員、係員が沢山いて、対応がスムーズです。18時に開場してからそれほど待たずに入場することができました。

 客席に入ると、ナツメロ(?)が流れています。開演までの約30分ほどの間、DJとMCの方が前説で少しずつ会場を暖めてくれました。一組目の収録から観客のテンションをあげたいという配慮だと思います。乃木坂ライブでいうところの『影アナ』、あるいは『Overture』みたいなものです。色々なグループが参加する収録なので、ファンも色々です。単独ライブに比べて一体感が無いので、それぞれの曲の盛り上がりはそれと比べるとどうしても落ちてしまうようです。

 進行はNHKの吉田一貴アナウンサー。テレビで見ると、なんかテンション高すぎないか?と思ったこともあるのですが、実際に収録の模様を見てみると、なるほどと思いました。ライブ感のある収録ではあのくらいのテンションが調度いいんですね。
 あと、驚いたのが、セットチェンジの早さです。さすが、紅白等でも使われるステージですね。DJ、MCの方の活躍もあって、待ち時間に退屈することはありませんでした。

 さて、乃木坂46の登場ですが、贔屓目かもしれませんが出演者紹介などでの声援はどのグループよりも大きかったように思えました。パフォーマンス前のトークはセンターに抜擢された堀未央奈さん、センター経験者の生駒里奈さん、白石麻衣さんと、「バレッタ」について紹介をした桜井玲香さんにふられていました。

 2階席からの観覧だったので、フォーメーションが良く見えて、『綺麗』というのが感想です。衣装は曲衣装ではなく、バレッタのMVと同じセーラー服です。乃木坂ファンとしてはやや見慣れた感がある制服ですが、ガチ制服を着ているグループって、他にはあまりいないかもしれませんね。他のグループはもっときらびやかなものだったり、これからの季節用のシックな感じでした。

 乃木坂はこの1曲だけの収録でした。収録される以外で何か歌ってくれないかな、という期待もあったのですが、そういうのは一切ないんです。本当に収録だけです。5分ほどで出番は終わってしまいました。

 
 さて、収録全体の時間は約1時間30分。色々なグループ、アーティストを観ることが出来ました。で、気がついたことがあります。女性アイドルが初めに7曲連続で登場したので、初めて乃木坂と他のグループを『比較』しました。それぞれのグループはそれぞれに『色』を持っていますね。強烈な『色』です。

 例えば、私立恵比寿中学。僕の拙い知識だと、永遠の中学生ということで、『一応』中学生しか参加できないグループだそうですね。ライブを「学芸会」なんて言うらしいですが、とても学芸会だなんて言えないようなレベルの、素晴らしいパフォーマンスでした。
 他にはE-girls。服装、髪型、ダンス等など、EXILEの妹ユニットとして、『らしさ』がちゃんと出ています。

 時々ファンの間で「乃木坂は清楚であり続けるべきだ!」みたいな議論がされているのを目にすることがあります。水着不要論なんかもその一つでしょう。自分自身は乃木坂以外のアイドルに興味が無く、清楚だろうがなんだろうが、乃木坂は乃木坂というスタンスでいたのですが、今回のような機会に、乃木坂46というグループを客観的にみることになると、確かに、何らかの『色』が欲しいとファンが願うのはわかるような気がしました。

 その『色』はファンが希望すれば出来るものではなく、メンバー自身が作り上げ、育てていくものでしょう。ただ、ファンの希望として「清純、清楚、純粋」というものが、乃木坂の『色』であり続けて欲しいというのは、今回出演したAKB48、SKE48、Juice=juice、私立恵比寿中学、E-girlsという強烈な『色』の中においては、なるほどと思うのでした。そういう点で見てみると「清楚」という色は、個性として光っているし、決して悪くはない、決して見劣りのしない『色』なんだなと。そんな発見があった今回の公開収録でした。

プロフィール

Okabe
ワインをこよなく愛するワインヲタクです。日本ソムリエ協会シニアワインエキスパートの資格を持ちます。乃木坂との出会いは「ホップステップからのホイップ」でした。ファン目線での記事を書いていきたいと思います。(ツイッター「Okabe⊿ジャーナル」https://twitter.com/aufhebenwriter

COMMENT

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. なるほど、今の時代のようなアイドルカオスな環境で
    我ら乃木坂の個は人工色のない自然なカラー
    他のグループが豪華さ、派手さを見せつける建築物なら
    清楚さを基調とする
    乃木坂は海山川の自然の地形!

コメントはこちら

*

Return Top