Nogizaka Journal

坂道シリーズ:乃木坂46・欅坂46・けやき坂46のエンタメニュースサイト

乃木坂散歩道・第84回「バレッタ全握@パシフィコ横浜会場レポ」

会場前

 この記事は、これからあと2回ある7thシングル「バレッタ」全国握手会の参考にしていただければ幸いです。

 今回の記事では四つのことに触れたいと思います。

1.会場の整列

 一つ目は『整列』です。今回も頑張って、整列開始時間のAM6:00に合わせて会場に到着しました。結論から言いますと、時間より早く会場に着いて、先に並んでもあまり意味がありません。今回、早くからやって来て前方に並んでいた人たちは、ことごとくC、Dブロック(会場後方)に振り分けられました。これは運営からのメッセージです、「あんまり早く並んでくれるな」という。

 確かに、全国握手会を運営する上で、最もファンに危険が及ぶとしたら、整列の時です(参考・乃木坂散歩道 第49回「ガールズルール全国握手会・幕張レポ」)。なので、安全を考慮するとこういった対応は仕方がないのかもしれませんね。おそらく、運営が今回の様な対応を繰り返せば、決められた時間より早く列を作ったり、『我先に』という押し合いは無くなると思います。メンバーのパフォーマンスを出来るだけ前で見たいというファンの気持ちは痛いほどわかるのですけどね。

2.ライブ

 二つ目はライブの話です。全握では珍しく、生歌がありました。歌唱選抜5人によるユニット曲「私のために 誰かのために」です。この曲に関しては、今後、全て生歌なんじゃないかと思いました。ダンスはかなり抑えめで、多少移動がある程度ですので、この曲が口パクだと見所があまりありません。逆に言うと、生歌でやるための振り付けになっていると思います。

 僕は、ライブでは出来る限り生歌を希望します。下手でもいいと思っています。デビューして、1年、2年と経過して、ライブで聴けるのが音源では成長がわかりませんから。ファン同士で、「〇〇の時のライブと比べて~」という話も出来ません。
 また、ライブの醍醐味は一期一会にあるんじゃないかと思います。もう二度と同じ歌には会えないと思えば、その時間はより貴重に感じると思います。

 そんな想いがある中での生歌披露でした。「私のために 誰かのために」がこのまま各会場で生歌で披露されるとするなら、乃木坂にとっての新たな挑戦の第一歩なんだと思います。
 ただ、凄い難しそうな曲です。サビの高音が特に。

3.「そんなバカな・・・」

 三つめは「そんなバカな・・・」です。あまりに面白すぎるMVでしたから、MVに出てくる『乃奇坂学園アイドル部』を意識した振りなのか、それとも、『歌詞』を意識した振りになるのかを楽しみにしていました。
 事前のメンバーのブログに『筋肉痛』の文字があふれていたので、予想はしていましたが、『乃奇坂学園アイドル部』を意識した振りでした。これは一見の価値ありです!

 MVのわちゃわちゃ感が出ている振りで、橋本奈々未さんもサングラスをかけての登場です。メンバーは思い思いにネタを仕込んでいます。僕が他に確認できたのは秋元真夏さんの『ズッキュン』でした。それぞれのメンバーに注目すれば、多分いろいろ面白いことをやっていそうです。もう一度見てみたいと心の底から思います。とにかくメンバーが楽しげです。

 この曲は乃木坂ファンにとって伝説的な曲になる予感です。この曲を見に行くだけでも、全握に参加する価値ありです。一つだけ改善点をあげるとするなら、この曲はハンドマイクでないものにしてほしかったです。全力でダンスをしてほしい(笑)

https://www.youtube.com/watch?v=QburF0JkORY

4.2期生の握手会

 最後、四つ目は2期生の握手会についてです。今回の全握から2期生も握手会に参加します。でも、ミニライブでは自己紹介のみ。ブログも約2週間に1回の更新です。握手に行く要因が無いと思います。案の定、2期生メンバーは3~4人でペアを組んでいるのに、並ぶファンの数は少なかったです。

 2期生はいつになったら1期生と同じように活動できるんでしょう? 唯一、選抜メンバーに選ばれた堀未央奈さんの様な大抜擢が無いとダメなんでしょうか? それとも、全ての曲のダンスが踊れるようになったら、みたいな目標設定があるのでしょうか? 僕には今の彼女達は凄く中途半端な扱いに見えました。
 2期生の採用には賛否両論ありましたが、採用した以上はちゃんと責任を持たないといけません。でも、なんか、正直怖いんですよね……。

 ただ、ファンとしたら今がチャンスなのかもしれませんね。なかなか厳しい状況での応援は、メンバーの心に残りやすいでしょうから。『一票の格差』みたいな感じです。

 
 以上、パシフィコ横浜での全握ダイジェストでした。この記事を通して、誰かの役に立ったり、握手会に参加してみようと思ってくれる方がいたなら嬉しいです。

筆者プロフィール

Okabe
ワインをこよなく愛するワインヲタクです。日本ソムリエ協会シニアワインエキスパートの資格を持ちます。乃木坂との出会いは「ホップステップからのホイップ」でした。ファン目線での記事を書いていきたいと思います。(ツイッター「Okabe⊿ジャーナル」https://twitter.com/aufhebenwriter

COMMENT

  • Comments ( 14 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 運営、言葉でなく行動に出ましたか。

    これからも期待してます!

    二期生の扱いについては今は仕方ないと思います。

  2. 運営さん…
    まずは〇〇軍団をなんとかしないと…

  3. 正直2期生は話題に困って行きづらい
    人数が多くなるほど厄介w

    • いや、まじでそう。なんかみんなレーンの前で様子うかがってなかった?笑

      話すことなくて事故りそうで怖いわ

  4. レポお疲れ様でした。ありがとうございます。参考とさせてもらいます。

    2期生とアンダーが、「乃木ここ」で対戦ゲームか、ボーリングとかしたらどうなのかな。もっと動いているアンダーと2期生を見たいなあ。

  5. 会場を増やして欲しい
    ただそれだけ

    • 来年のリリースは2曲になってしまいますよ...。
      増やさなくてもそうなるかもしれないけどw

  6. レポ楽しく読ませていただきました。

    朝6時の整列は少しばたばたしていましたね。
    常連ヲタグループが後から来た知り合いを割り込ませる
    ケースが多いのですが、その対処は難しいでしょうか。

    今回、たまたま「A2」を引けたので正面最前列で見られましたが、
    かなり遅い時間までAブロックに入れていたので、
    次回以降は無理しなくても良いかなと思いました。
    今回の割り当てについてはうまい対応だと思います。

    前乗りや始発で深夜・早朝から並ぶガチヲタよりも
    CDをたまに買うだけのライトなファンにチャンスがあった方が
    ファン層が広がると思います。長文失礼しました。

  7. もう、早く行くの疲れて後方でいいやとあきらめてた。
    9時30分に会場に着いて、当然最後尾から。
    寒くて長かったけど、C-1ブロックでした。
    こんなこともあるのかと思っていたら、運営さんやるじゃない。
    京都も名古屋もゆっくり行かせてもらいます。

    あと、トレの店広げるの、いい加減にしてほしい。
    会場の使用料を奴らのために払っているんじゃないですよね。

    • トレスペはいわば空き地だからいいんじゃないの?
      むしろ締め出してパシフィコの通路とか屋外であんなんやられたほうがやばいと思うんだけど

  8. なんとも愛溢れるいい文章ですねぇ
    生そんなバカな・・・すごい楽しみになりました

  9. 早朝から並んでいるフライング気味の厄介ヲタ対策に、わざと後列に振り分けて
    考えを示すやり方には賛成!質のいいイベント進行を良質ファンに届けられるから。

    • 遠くから余裕を持って来ている人もいるので一概に厄介扱いするのはどうかと思いますよ
      騒がしくしている人やマナーのなっていない人を後ろのほうにやるのならいいことですけどね

      個人的にはこれに続いて出禁を実施してほしいです

  10. 2期生レーンは剥がしもゆるゆるで
    メンバーの対応もよくて、かなり良かったよ。

    逆に念願のまいやんは、今までで最悪の剥がしだった。
    握手できたかすら定かでない。次回リベンジしたい!

コメントはこちら

*

Return Top