Nogizaka Journal

坂道シリーズ:乃木坂46/欅坂46のエンタメニュースサイト

乃木坂散歩道・第95回「ハロー・グッバイの日々」

 昨年末NHKで放送された、「ハロー・グッバイの日々 ~音楽プロデューサー佐久間正英の挑戦~」を観て、思うところを書き綴ります。

DSC01974

 タイトル「ハロー・グッバイの日々」は『残された人生を意識する』と読みかえることが出来ると思います。死を覚悟して日々を生きる、なかなか想像できるものではありませんが、死生観を持つのは大事なことです。

 自分の死を自分で語ると言う事は難しい事です。2012年10月に亡くなった流通ジャーナリストの金子哲雄さんが「僕の死に方 エンディングダイアリー500日」という本を遺してくれました。その内容は自分の死を見つめ、自分の言葉で表現する。その精神力は想像を絶します。

 「ハロー・グッバイの日々」という番組は、佐久間さんの姿を、生きているうちに世に送り出したという点で、今までのものとは一線を画します。
 音楽界における佐久間さんの功績は語るまでもない事です。それに加えて、人としての生き様、人生の最後に何を成そうとするのか、それらの過程を映像として示すことで、僕達が気付かされるのは、人生という時間の価値、仲間というかけがえのないものの価値、生命という輝きの価値です。

 人生の最後に何を食べたい?
 人生の最後に誰に会いたい?
 人生の最後に何をしたい? 

 よくある『もしも』です。
 でも実際、去りゆく人が人生の最後に何をしたか? それは、身近な人以外は、わからないことが多いです。

 では、佐久間さんは何をしようとしているのか? 映像として明確に残っています。残してくれました。佐久間さんが残そうとしているもの、それは音楽を通しての『My Life』。
 「Where are my last days going?」
 今、まっただ中にいる『Last days』。でも、その行方は模索中なんですね。

 
 そうか、そうなんだ……。
 僕は自分自身の死と向かい合ってみたい。それが自分に課されるべき試練と覚悟しています。でも、覚悟を決めたとしても、その行方は簡単にわかるものではありません。経験則に基づかない探求心は、着地点を見極められずにいます。

 失って初めて気が付くものがあります。家族、友人、恋人、時間、健康……。僕たちが当たり前のように過ごしている日常のまわりには、無数の幸せが存在しています。でも、当たり前であるがゆえに、普段からその幸せの実体を意識することはそうはありません。

 これからの僕達が目指すところは、『失ってはいけないもの』に気が付くこと、『失う前に気が付くこと』ではないかなと、そんな事を今、思っています。

プロフィール

Okabe
ワインをこよなく愛するワインヲタクです。日本ソムリエ協会シニアワインエキスパートの資格を持ちます。乃木坂との出会いは「ホップステップからのホイップ」でした。ファン目線での記事を書いていきたいと思います。(ツイッター「Okabe⊿ジャーナル」https://twitter.com/aufhebenwriter

COMMENT

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 素晴らしい記事です

  2. 奇しくも、この記事を書かれた1月16日の早朝に、亡くなられたようです。

    ソース
    https://www.facebook.com/masahidesakuma/posts/710119475673058

コメントはこちら

*

Return Top