Nogizaka Journal

坂道シリーズ:乃木坂46/欅坂46のエンタメニュースサイト

「乃木坂って、どこ?」公開収録レポート@東京ビッグサイト

nogidoko-shodou

3月31日(日)東京ビッグサイトで乃木坂46レギュラー番組「乃木坂って、どこ?」の公開収録が行われました。今回はその公開収録のレポートになります。
今回の収録は放送1回分を丸まる1本撮った訳ではなく、番組中に流すためのVTRを撮影した事になります。当日はインサート撮影なども行われました。

セットの準備

 セットの準備は、握手会と平行して行われました。そのため5部の握手券がある方は公開収録の場所の確保が難しい状況でした。照明は4箇所と影が出来ないように設置されており、カラー演出用の照明も2箇所に設置されていました。左側に観客用の小さなスクリーンが一つ用意してありました。カメラは、観客を映すカメラと、メンバーの表情を抑えるカメラや、ドリー付きクレーンカメラが設置され、会場全体を映す事が出来るようになっていました。音質は決して良かったとは言えませんが、今回はパフォーマンスがメインですので、特に気になりませんでした。観客はコの字型の観覧スペースに誘導され、その中心でメンバーがパフォーマンスを行いました。

企画

 今回の公開収録の企画は、『乃木坂46が”あの書道パフォーマンス”に挑戦!』という事で、事前に練習していた書道パフォーマンスを、ぶっつけ本番でファンに披露しました。今回のイベントには、新たな一歩を踏み出す人へ向けてのメッセージが込められているようです。

衣装

 衣装は下が赤で上が白の袴でした。袴の写真はメンバーのブログに載っていますので、そちらをチェックしてください!

パフォーマンス

 「シャキイズム」をバックにメンバーが入場。入場し終えると、生駒里奈がMCを務め、「書道パフォーマンスをさせて頂きます。宜しくお願いします。」と挨拶。MCが終わると、5thシングルの表題曲である「君の名は希望」が流れ、メンバーが踊り出し、それに合わせて巨大な一枚の紙に書道をするといったパフォーマンスが繰り広げられました。手が真っ黒になりながらセンターで踊る生駒里奈が特に目立っていました。中には涙を流すメンバーも!?

中学生メンバー

 夜8時以降の労働という事で、中学生メンバーは収録に参加する事が出来ず、齋藤飛鳥や星野みなみ等は最後の記念撮影のみの参加となりました。

芸人

 今回は「乃木坂って、どこ?」のMCであるバナナマンは不在で、代わりとなる芸人の方もおらず、MCは基本、生駒や桜井玲香などのメンバーが担当しました。

握手会で展示

 パフォーマンスで書いた巨大な紙は今後の握手会で展示されるようです。墨で残ったメンバーの足跡に注目してみると面白いかもしれません。

オンエアー

 「書道パフォーマンス」の模様は4月7日(日)の「乃木坂って、どこ?」でオンエアーをすると発表がありました。また、埼玉県立川口高等学校の書道部と思われる方々も会場に招待されていましたが、公開収録中には誰であるかは明かされず、オンエアーを見て欲しいとの事でした。オンエアーで、どこまで放送されるのか予想が付きませんので、今回詳しいレポートは控えさせていただきました。

筆者プロフィール

ゆう
趣味はサッカーとスノーボード。あとパンダが好きです。乃木坂46を知ったきっかけはお見立て会です。記事を通して、皆さんと一緒に乃木坂46の成長を見届けて行けるよう頑張ります。

COMMENT

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 実際に現場で見たが待ち時間が長すぎて疲れた。
    それにメンバーもほとんど見てなかったし。
    あとはオンエアーで自分が映り込んでりゃなぁ…

コメントはこちら

*

Return Top