Nogizaka Journal

坂道シリーズ:乃木坂46/欅坂46のエンタメニュースサイト

放送作家・オークラが乃木坂46の『でこぴん』は共感できないと自論

bananamoon-site1409「バナナムーンGOLD」番組ブログ

 2014年9月5日放送のTBSラジオ「JUNK バナナマンのバナナムーンGOLD」(毎週金曜25時~27時)で、番組放送作家のオークラさんが乃木坂46の『でこぴん』について自論を展開する場面があった。

 『でこぴん』は昨年3月にリリースされた乃木坂46の5thシングル『君の名は希望』タイプCに収録されているカップリング曲で、男女が集まってトランプをしている時に、一人の女の子が罰ゲームで受けた「でこぴん」をきっかけに新しい恋に気づいてしまった、というもの。白石麻衣、高山一実、橋本奈々未、深川麻衣、松村沙友理の5人が歌っているユニット曲。

 バナナマンの設楽統さんによれば、先週、明治神宮野球場で行われた「乃木坂46 真夏の全国ツアー2014・東京公演」を一緒に観に行ったオークラさん(橋本奈々未推し)は、この『でこぴん』はおよそ共感が得られないような歌詞であることから、嫌いと言うほどだという。

 ここでオークラさんも登場し、設楽さんの説明に加えて自論を展開。オークラさんは、「まず、そんなでこぴんされるようなグループのヤツを、好きになるのがおかしい。そんな思い出は一回もない」、「そんな歌を聞いたって、あそこ(神宮球場)にいる3万人は喜ばない」と考えており、女の子とゲームをしたり、まして白石たちのような可愛い子に「でこぴんでいいんじゃね?」と言えるようなモテる男性を対象にした歌を聞いても共感できないので、そういう立場から歌ってほしくないと話した。

 この主張に、バナナマンの日村勇紀さんは「わかんなくもないね」と笑い、最初聞いた時にピンと来なかったという設楽さんも「そんな聞き方があるの」と納得した様子だった。そんなオークラさんが好きな曲は、『でこぴん』とは対照的で、透明人間と呼ばれていた人物の視点で歌われた『君の名は希望』であるとのこと。

 放送では設楽さんも東京公演の感想を話しており、その『君の名は希望』の終盤、曲がブレイクして花火が上がるという野外ライブならではの演出が、今年初めてまともに花火を観たことも相まって印象的だったとしていた。

関連JUNK バナナマンのバナナムーンGOLD

『でこぴん』ミュージックビデオ

https://www.youtube.com/watch?v=WEPLuYZ6zyc
作詞・秋元康 / 作編曲・中土智博 / MV監督・中村太洸

プロフィール

一介のリトルトゥース管狐
無所属の執筆者。当サイトでは寄稿記事、情報提供・ニュースリリース等を随時募集しております。お問い合わせは「コンタクト」まで。取材やタイアップ、外部媒体への寄稿・お手伝いなど、各種ご相談も承ります。

COMMENT

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 人によって色んな解釈があって良いと思う。
    オークラさんとバナナマンの絡みはいつ聞いても面白い。

  2. By 地下鉄のザジ

    なーちゃんのDVDの男優さんに対して近い感情を抱きました・・・ほんの少し。

コメントはこちら

*

Return Top