Nogizaka Journal

坂道シリーズ:乃木坂46・欅坂46・けやき坂46のエンタメニュースサイト

乃木坂46能條愛未力説の「引き寄せの法則」がオードリーANNでも話題に

ニッポン放送「オードリーのオールナイトニッポン」番組公式ブログ「オードリーのオールナイトニッポン」番組ブログ

 12月6日深夜に放送されたニッポン放送「オードリーのオールナイトニッポン」(毎週土曜25時)で、人生が上手くいくという「引き寄せの法則」が話題になっていた。

 「引き寄せの法則」は、宇宙のすべてに作用する「宇宙の法則」の一つ。自らの思考やイメージを宇宙に放つことによって、それが持つ周波数と似た周波数のものが自分に返ってくることから、良いことも悪いことも、自分が考えていること(だけ)が実現する法則、転じて日々を楽しく過ごすための思考法とも。

 番組パーソナリティを務めるお笑いコンビ・オードリーの若林正恭さんは、ケイダッシュステージの後輩芸人・氏原真一さん(ゴンゴール)にこの話を聞いたという。

 お笑い芸人になる前、“ENSHU”(エンシュウ)という名前で8年間ラッパーとして活動していた氏原さんは、自分を磨く習慣があり、スピリチュアルの話をよくするそう。その日も、本で知った「引き寄せの法則」を実践しだしてから、事務所のライブで初優勝したり、昔から好きだったオードリーと仕事する機会に恵まれたりと、効果があったとして若林さんに勧めてきたそうだ。

 しかし、多数のレギュラーを抱え、今年の上半期番組出演本数ランキングで6位にもなった若林さんは、馬鹿にされているように感じ、またそれがよく聞くような話であったため、「俺、けっこう売れてんだよね」と一蹴。こんな天狗な発言を日常会話ですると思わなかったと笑いながら、「(話を)やめてもらうためには、このワードしかなかったからさ」と、氏原さんとの会話を振り返った。

 この法則は、今年10月に放送されたテレビ東京系「乃木坂って、どこ?」第156回の乃木坂POP女王決定戦でも、乃木坂46の能條愛未が力説。同回はメンバーがオススメの本を手作りのポップを使ってプレゼンするという内容で、能條は「考え方が180度変わる」前向きになれる本として、ロンダ・バーン女史が「引き寄せの法則」をテーマに執筆した『ザ・シークレット』(2006年刊行、日本語訳は2007年に角川書店から刊行。世界累計2400万部)を紹介した。

 能條はメンバーやMCのバナナマンからツッコミを受けながらも熱弁をふるい、見事優勝。この結果も「引き寄せの法則を使ったんです」と、効果性の高さをなおアピールしていた。修得することこそ難しいとされる「引き寄せの法則」、その効果は身につけた者にのみ解るのかもしれない。

 来週の「オードリーのオールナイトニッポン」はスペシャルウィーク。先週の放送で、若林さんが相方の春日俊彰さんに向けて披露した『春日disラップ』(作曲・Yuto.com™)を共作した氏原さんをゲストに迎えて、同曲のフルバージョンを披露する。

関連「オードリーのオールナイトニッポン」番組公式ブログ

ロンダ・バーン 角川書店 2007-10-29

筆者プロフィール

一介のリトルトゥース管狐
情報発信の拠点として当サイトを開設。更新頻度は下げますが、サイト内外を問わず、他ジャンルを含めた取材や記事執筆、お手伝いなどのご依頼を常時受け付けております。コンタクトのお問い合わせフォームよりご連絡ください。

COMMENT

  • Comments ( 4 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. その後輩芸人は乃木坂ヲタだな(引き寄せるんだ!)

  2. ジョンソンから再ブーム?
    俺も昔ブームの頃にこの本読んで一瞬騙されたよ
    今考えると恥ずかしい

  3. 乃木坂以外で引き寄せの法則を聞くなんて思わなかったw
    ポジティブになりたいあの人にはうってつけだねw

  4. ジョンさんみたいな爆発力があるメンバー一人は必要だと思う。バナナマンも高山級にふりやすそう。
    ゆったんと永さんは面白いけど、爆発系とは少し違う気がするし、畠中は自爆しちゃったからなー。

コメントはこちら

*

Return Top