Nogizaka Journal

乃木坂46・欅坂46・日向坂46のエンタメニュースサイト

黒夜行
書店員です。基本的に普段は本を読んでいます。映画「悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46」を見て、乃木坂46のファンになりました。良い意味でも悪い意味でも、読んでくれた方をザワザワさせる文章が書けたらいいなと思っています。面白がって読んでくれる方が少しでもいてくれれば幸いです。(個人ブログ「黒夜行」)
黒夜行の記事一覧
映画『いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46』公式サイト

映画の大枠から外れるもう一人の主人公 “変わりゆく”齋藤飛鳥

齋藤飛鳥には奇妙な存在感がある。映画『いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46』は、変わりゆく乃木坂46の物語について「失恋」という言葉で大きく括れる外枠を持っているが、齋藤飛鳥はその大枠の中には嵌らない。基本的にメンバー同士の関係性がクローズアップされる中、齋藤飛鳥は基本的に、齋藤飛鳥として...
映画『いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46』公式サイト

『失恋』を描くドキュメンタリー映画~『いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46』を観て~

乃木坂46の4年ぶりとなるドキュメンタリー映画第2作『いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46』は、「アイドルのドキュメンタリー映画」だった前作『悲しみの忘れ方』との対比で言えば、「乃木坂46の映画」だと思った。すでにスター集団となり、さまざまな物語がファン以外の層にもある程度視覚化されている...
井上小百合(乃木坂46 1stアルバム「透明な色」発売記念、乃木坂駅)

ゼロの人・井上小百合

井上小百合を面白い人だと捉え始めたのは、やはり、彼女の転機ともなった『乃木坂工事中』(テレビ東京系)の企画からだ。この話は後でするつもりだが、それまで特別、井上小百合というアイドルに意識が向くことはなかったと思う。今では、舞台を見る機会がない僕でも、「井上小百合と言えば舞台」というイメージを持っているし、それはつまり、...
「BRODY」2018年10月号(表紙:山下美月/白夜書房刊)

「完成形」と「アイドル性」の間で葛藤する山下美月

山下美月は、デビュー当時から「完成されている」という捉えられ方をしてきた。確かに僕もそういうような印象を持った記憶がある。僕は、ライブや握手会に行くわけではないので、3期生が加入した当時から彼女たちの動向をちゃんと追いかけていたわけではないが、「田舎から出てきてよく分からないままアイドルになって今ここにいます」みたいな...
No Image

寺田蘭世ー子どもっぽさという弱み、その先にある”死ぬまで満足しない”という強み

僕が乃木坂46を好きになった時にはもう、2期生は加入していた。しかし、その頃にはまだ、2期生の抱えている辛さみたいなものはよく分かっていなかった。僕がそのことを少しは理解できるようになったのは、3期生が加入してしばらくしてからだ。3期生が、加入してすぐに注目を浴びるようになり、それと対比するようにして、2期生の不遇さみ...
小説『トラペジウム』(著者:高山一実/発行:KADOKAWA)

「主人公=著者」からの脱却が生む非アイドル感 高山一実『トラペジウム』を読んで

高山一実の小説デビュー作『トラペジウム』(KADOKAWA)の主人公・東ゆうがこんな発言をする。『アイドルになりたくない女の子なんているんですか?』『私、可愛い子を見るたび思うのよ、アイドルになればいいのにって。でもきっときっかけがないんだと思う。だから私が作ってあげるの』。彼女にとって、「アイドル」というのは圧倒的な...
「B.L.T.」2018年11月号(表紙:乃木坂46・齋藤飛鳥/東京ニュース通信社刊)

齋藤飛鳥の“大人観”

8月で20歳になった齋藤飛鳥。雑誌のインタビューでも、それに絡めた質問をされる機会が多い。そういう中で、齋藤飛鳥の”大人観”を垣間見ることが出来る。「20歳になること」を「特別なことではない」「まだ子ども」と言う彼女は、”大人”という存在をどう捉えているのか。
「BUBKA」2018年12月号(表紙:若月佑美・秋元真夏・桜井玲香・中田花奈[乃木坂46]/出版社:白夜書房)

「誰かのため」の人・若月佑美

若月佑美は、11月いっぱいで乃木坂46を卒業する。あくまでも僕の目に留まったものからの判断だが、若月佑美は、他人のことは非常によく観察しているし、それを的確な言葉で表現するのだが、自分について多く語ることはない。とはいえもちろん、インタビューの方向性などもあるだろうし、「若月佑美の観察眼を紹介することこそが若月佑美らし...
映画『あの頃、君を追いかけた』公式サイト

齋藤飛鳥と早瀬真愛を結びつける言葉 映画『あの頃、君を追いかけた』を観て

先日、齋藤飛鳥がヒロイン役を務めた映画初出演作『あの頃、君を追いかけた』を観てきました。僕は、彼女が演じた「早瀬真愛」に「齋藤飛鳥」というキャラクターを重ねて観ていたので、 一般的にこの映画がどう受け取られるのかはうまく想像できません。 正直、純粋に観ることが難しかったです。いやこれは、「つまらなかった」とか「別のヒロ...
少女でもアイドルでもなく、表現者・平手友梨奈

少女でもアイドルでもなく、表現者・平手友梨奈

平手友梨奈は凄い、という話は、様々なインタビューを読んでいて知っていた。欅坂46のメンバーのみならず、乃木坂46のメンバーからもそういう話が出る。また雑誌には、アイドルという枠を越えて、様々なアーティストたちが欅坂46を支持する記事があり、そういう記事の中でも、平手友梨奈の凄さに驚く反応が載っていたりする。しかし僕自身...
齋藤飛鳥の発言から、「ファン」について考える

齋藤飛鳥の発言から、「ファン」について考える

僕は、今は「乃木坂46のファン」だと自分で思っているが、そうなる前は、それがどんな対象であれ、何かの「ファン」になるという経験がなかった。芸能人の誰かを好きになる、という程度のことはあっただろうけど、僕の中では「ファン」というのは、「その人・そのグループのことをもっと知りたいと思う人」だと思っていたから、テレビでちょっ...
乃木坂46・2ndアルバム「それぞれの椅子」乃木展(生駒里奈)

乃木坂46の背骨から、一人のアイドルへ・生駒里奈

生駒里奈は最初から、「乃木坂46」を背負わされていた。今、名実ともに乃木坂46を背負っていると誰もが感じるのは、白石麻衣と西野七瀬だろう。しかしこの二人は、結成時からそんな存在だったわけではない。どちらも、乃木坂46としての活動を積み上げていく中で、自信や決意を持てるようになり、その延長線上に今がある。しかし生駒里奈は...
「Top Yell」2018年1月号(表紙:乃木坂46/発行:竹書房)

憧れを持たない正直者・大園桃子

大園桃子は僕にとって、かなり謎めいた存在だった。乃木坂46・3期生の暫定センターに選ばれたということで注目を集めていたはずだが、話を振られてもなかなか言葉が出てこないし、何かあればすぐ泣くし、他のメンバーとのやり取りでも独特の間を持っていて、他の3期生と比べても異端に見えた。しかし彼女は自身のことを「普通」と語る。この...
乃木坂46・2ndアルバム「それぞれの椅子」乃木展(北野日奈子)

2期生という呪縛、アイドルという呪縛、北野日奈子という呪縛

雑誌の記事を読んでいると、北野日奈子は様々な機会に、ブログで自分の熱い想いを書き綴っているようだ。現状や未来に対しての自分の考えを明らかにしたり、自分の意思を明確にしたりすることで自分を奮起させている。そんな記述を時折雑誌の記事の中で見かけることがある。僕に見える範囲での彼女の印象は、「呪縛の人」というものだ。
乃木坂46・2ndアルバム「それぞれの椅子」乃木展(松村沙友理)

自己不信なプロデューサー・松村沙友理

テレビで見る松村沙友理は、誰とでも話せるし、どんな状況でも楽しさを発揮できる人に見える。常に明るいし、ポジティブだし、場を和ませることが出来る。そういうのは、なんというのか、持って生まれた才能のようなものだと僕は感じていた。でも、本人の認識としては全然違ったようだ。
乃木坂46・2ndアルバム「それぞれの椅子」乃木展(衛藤美彩)

自然体を受け入れる努力家・衛藤美彩

乃木坂46のメンバーは、受け入れる人が多いように思う。自信のなさが、結果的にそういう性質を生んでいる、ということもあるだろう。そのことが、乃木坂46全体のカラーにも影響を与えているという印象だ。そんなメンバーの中でも、衛藤美彩は、「受け入れること」を「強さ」に変換した人だと僕は思っている。
Return Top