Nogizaka Journal

坂道シリーズ:乃木坂46/欅坂46のエンタメニュースサイト

伊藤万理華主演のホラー映画「アイズ」に海外20ヶ国超から配給オファー

eyes-poster

映画「アイズ」

 今月6日に公開された乃木坂46の伊藤万理華が映画初主演を務めるホラー映画『アイズ』が、海外進出に向かう。

 『アイズ』は、「リング」「らせん」「仄暗い水の底から」等で知られる鈴木光司さん原作の同タイトルの短篇集より、その一篇「しるし」を、福田陽平監督によって長編映画化した作品。ある日、自宅の表札に書かれたマーキングをきっかけに、伊藤演じる平凡な女子高生の周囲で不可解な出来事が次々に起こる様を描き、その秘密に迫るミステリー要素をはらんだ新感覚のホラー映画だ。昨今溢れかえる“アイドル映画”の概念を打ち破るとして評判で、Yahoo!映画のレビューランキングでは1位を獲得するなど話題になっている。

 海外オファーの話は、昨日大阪で行われた舞台挨拶の場で初めて明かされたもので、本日、映画の公式ツイッターでも告知。海外用ティーザーポスターも公開された。

 それによれば、本作が、シンガポール、タイ、ミャンマー、フィリピン、インドネシア、マレーシア、韓国、台湾など、アジア圏を中心に高く評価されており、現在20ヶ国以上の国々から海外配給オファーが届いているとのこと。投稿に紐付けられているハッシュタグから、海外映画祭への出品も予定されているのかもしれない。

 海外進出の詳しい動向は、映画の公式サイトやツイッターをチェックしよう。

 映画『アイズ』は東京・イオンシネマ板橋をはじめ全国14館で絶賛公開中(7月4日より神奈川・ブリリアショートショートシアターでも公開)。ツイッターでは、国内も盛り上げていけるよう、レビューサイトへの投稿や、映画館への上映リクエストの協力を呼びかけている。

 また、先週より舞台挨拶キャンペーンも行われており、6月13日(土)には東京・イオンシネマ板橋、埼玉・イオンシネマ春日部、千葉・イオンシネマ幕張新都心で、6月14日(日)には愛知・中川コロナシネマワールドでの舞台挨拶が予定されている。各回のチケットは劇場のホームページ及び劇場窓口にて販売中。

関連映画『アイズ』公式サイト
関連伊藤万理華初主演「アイズ」がYahoo!映画レビュー1位、「泣ける」「切ない」と話題で異例のランクイン

映画『アイズ』予告編

COMMENT

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 鈴木光司さんの作品は海外でもファンが多いから流石ですね
    福田監督も素晴らしい監督
    そして、そんな作品に主演で抜擢される万理華さん、個人PVに続き女優としての天性と運も持ち合わせているとしか思えない

  2. コープスパーティーも海外展開だし、超能力なんたらとは大違いですね

コメントはこちら

*

Return Top