Nogizaka Journal

乃木坂46・欅坂46のエンタメニュースサイト

乃木坂散歩道( 5 )

Category
乃木坂散歩道・第174回「乃木坂46バースデーライブ Wiki2015」

乃木坂散歩道・第174回「乃木坂46バースデーライブ Wiki2015」

「乃木坂46 3rd YEAR BIRTHDAY LIVE」で何度涙したことか。今回の記事では『レポはしません』。スカパー!でのライブ中継に、文章でのレポは太刀打ちできません。なので、この記事では『画面』からは伝わらない『想い』を綴りたいと思います。
乃木坂散歩道 第173回「透明な色 Wiki2015」

乃木坂散歩道 第173回「透明な色 Wiki2015」

楽曲を振り返るWikiシリーズ2015、今回は乃木坂46の記念すべきファーストアルバム「透明な色」です。この記事では、既出であるシングル表題曲およびカップリング人気投票で選ばれた10曲を除いた新曲(8曲+α)について振り返ってみたいと思います。
乃木坂散歩道・第172回「何度目の青空か? Wiki2015」

乃木坂散歩道・第172回「何度目の青空か? Wiki2015」

勝負のシングル、「何度目の青空か?」でセンターに抜擢されたのは生田絵梨花さんでした。「乃木坂46の『の』」で、斉藤優里さんと能條愛未さんが『乃木坂らしさとは何か? The 乃木坂みたいなメンバーは?』という話をした時に、優里さんが「内面を除いたら、The 乃木坂はいくちゃん」と答えています。「あの子は乃木坂よ」。
乃木坂散歩道・第171回「夏のFree&Easy Wiki2015」

乃木坂散歩道・第171回「夏のFree&Easy Wiki2015」

「夏のFree&Easy」は「乃木坂46 真夏の全国ツアー2014」の全会場において、第一曲目でパフォーマンスされました。本当に久しぶりに見る選抜メンバーのライブにウルウルしていたことを今でも覚えています。『やっと』、『ついに』大勢の前で披露できた、その『解放感』の様なものを僕は感じていました。
乃木坂散歩道・第170回「気づいたら片想い Wiki2015」

乃木坂散歩道・第170回「気づいたら片想い Wiki2015」

乃木坂46のデビュー3年目最初のシングル「気づいたら片想い」。これ以降の楽曲は、バースデーライブではすべて初披露となります。そういうわけで、「ぐるぐるカーテン」から「バレッタ」までの『Wiki2015』は加筆という形でお届けしてきましたが、「気づいたら片想い」からはすべて書き下ろしになります。
乃木坂散歩道 第169回「バレッタ Wiki2015」

乃木坂散歩道 第169回「バレッタ Wiki2015」

乃木坂46がCDデビュー3周年を迎える日に行われる『乃木坂46 3rd YEAR BITHDAY LIVE』が、いよいよ来週に迫ってきました。今回はデビュー2年目最後のシングルとなった7thシングル「バレッタ」の6曲を振り返っていきます。
乃木坂散歩道・第168回「ガールズルール Wiki2015」

乃木坂散歩道・第168回「ガールズルール Wiki2015」

このWikiシリーズでは皆さんの楽曲に対する想い入れを募集しています。皆さんの想い入れは僕の楽しみであり、他の皆さんにとっての楽しみであったり、意外な魅力を発見するきっかけになると思います。ぜひ皆さんの想いを聞かせてください。今回取り上げるのは、乃木坂46の分岐点となった6thシングル「ガールズルール」です。
乃木坂散歩道・第167回「君の名は希望 Wiki2015」

乃木坂散歩道・第167回「君の名は希望 Wiki2015」

このWikiシリーズは楽曲への想いを集めることで、色んな楽曲をもっと好きになってもらいたい、色んな魅力を発見してもらいたい、そんな思いを持って続けています。この記事が新たな魅力との出会いの場になれば幸いです。今回は2013年、乃木坂46のデビュー二年目最初のシングル「君の名は希望」の楽曲を取り上げます。
乃木坂散歩道・第166回「制服のマネキン Wiki2015」

乃木坂散歩道・第166回「制服のマネキン Wiki2015」

何においても振り返る事って大事なことです。バースデーライブという一大イベントを前に、今こうして楽曲を通じて乃木坂46を振り返ると、思い出すことが沢山あります。皆さんから寄せられた想いで気づく魅力も沢山あります。今回は乃木坂46がデビューした2012年最後のシングル「制服のマネキン」を振り返ります。
乃木坂散歩道・第165回「走れ!Bicycle Wiki2015」

乃木坂散歩道・第165回「走れ!Bicycle Wiki2015」

2月22日の西武ドームでのバースデーライブに向けて、乃木坂46の楽曲に対する皆さんの想い入れを共有することで、少しでもその曲の魅力に気が付けたらなと、そんな想いでこの記事を書かせてもらっています。今回は3rdシングル『走れ!Bicycle』です。
Return Top