Nogizaka Journal

坂道シリーズ(乃木坂46/欅坂46)のエンタメニュースサイト

コラム( 2 )

Category
「乃木坂をよむ!」〜「5th YEAR BIRTHDAY LIVE」は何が新しかったのか?〜

「乃木坂をよむ!」〜「5th YEAR BIRTHDAY LIVE」は何が新しかったのか?〜

乃木坂46のデビュー5周年を祝う今年のBirthday Liveは、さいたまスーパーアリーナにて3日間に渡って行われました。私は3日目のみの参加でしたが、この日だけでも約4時間という大ボリューム! お腹いっぱいで色々書きたいところですが、ここではちょっと違う視点から今回のライブは何がすごくて何が楽しかったのか振り返りた...
隙間を埋める“パテアイドル”としての秋元真夏の真骨頂

隙間を埋める“パテアイドル”としての秋元真夏の真骨頂

秋元真夏には、さほど関心を持っていなかった。乃木坂46には控えめでマイナス思考のメンバーが多く、僕はそういうメンバーに興味を惹かれることが多い。元気で明るいキャラクターを全面に押し出していた彼女は、正直に言って僕の興味からは外れていた。秋元真夏に引っかかりを覚えたのは、確かこのインタビューを目にした時からだったと思う。
乃木坂散歩道・第214回「乃木坂クライシス・3人のプリンシパル」

乃木坂散歩道・第214回「乃木坂クライシス・3人のプリンシパル」

2017年2月12日、僕は最初で最後の「3人のプリンシパル」を観劇しました。乃木坂46の3期生に関して言えば、比較的フラットな状態で参加出来たと思います。取り立てて推しメンがいるわけでもなく、逆にマイナスのイメージもない。興味があったのは『プリンシパル』。およそ2年半ぶりの公演は僕に何を見せてくれるのか?
齋藤飛鳥1st写真集『潮騒』 勝手にキャプションを考える

齋藤飛鳥1st写真集『潮騒』 勝手にキャプションを考える

先日、乃木坂46の齋藤飛鳥さんの1st写真集『潮騒』(幻冬舎)が発売になりました。 それで、勝手ながら、この写真集に載っているすべての写真にキャプションを考えてみました。 お手元に『潮騒』をご用意いただいてこの記事をご覧いただければと思います。
弱さと強さの奇跡的なバランスが生み出す“西野七瀬”というアイドル

弱さと強さの奇跡的なバランスが生み出す“西野七瀬”というアイドル

西野七瀬を捉えることは、本当に難しい。次どんな発言をするのか、次どんな表情をするのか、全然読めない。言動のベースや核となっているものをうまく捉えきれない。しかし、西野七瀬の振る舞いや発言に触れることで、僕の中で西野七瀬を切り取るキーワードが見えてきたように思う。それが「弱さと強さの奇跡的なバランス」だ。
乃木坂散歩道・第213回「今こそ、アンダーライブを!」

乃木坂散歩道・第213回「今こそ、アンダーライブを!」

昨夜の「乃木坂工事中」(テレビ東京系)で、乃木坂46・17thシングルの選抜発表がありました。過去最大の21人選抜が誕生した一方で、アンダーメンバーは過去最小の12人と随分スリム化しました。これは久々に来たアンダーの光り輝く『大チャンス』です。絶対に逃がしちゃいけない!そのためにも、前に打って出ないといけない。その場が...
『橋本奈々未=ダメ人間』という捉え方〈後編〉

『橋本奈々未=ダメ人間』という捉え方〈後編〉

橋本奈々未のインタビューを幾度も読むことで、彼女が他者からの認識に違和感を覚えていることを知るようになった。しかし、多くの人の認識のギャップを埋めるのは容易ではないだろう。それだけ、橋本奈々未から受ける「知性」のイメージは強いのだ。今回僕は、敢えて橋本奈々未の「ダメ人間」という自己認識に沿って彼女を理解しようとする、と...
『橋本奈々未=ダメ人間』という捉え方〈前編〉

『橋本奈々未=ダメ人間』という捉え方〈前編〉

橋本奈々未を「ダメ人間」だと捉えている人間はいないだろう。あまりにも、橋本奈々未のイメージからかけ離れている。何でもこなし、自分なりの考え方を持ち、常に知性を感じさせる彼女には、あまりにも似つかわしくない。とはいえ僕の中には、自己認識と見られ方に差があると感じているのならその差を埋める努力をしてあげたい、という気持ちも...
乃木坂散歩道・第212回「中田、髪切ったってよ」

乃木坂散歩道・第212回「中田、髪切ったってよ」

2017年1月13日金曜日、僕のツイッターのタイムラインがざわついていました。それもそのはず、『ボブりん』が帰ってきた!乃木坂46のメンバーが髪型を変えると、それだけでファンは注目するものです。ただ、中田花奈さんの場合は、意味合いが少し『重い』。それはファンにとっても同じで、変な言い方かもしれませんが『感慨深い』出来事...
「期待しないで生きる」という、齋藤飛鳥の強さの源泉~「BRODY 2017年2月号」を読んで~

「期待しないで生きる」という、齋藤飛鳥の強さの源泉~「BRODY 2017年2月号」を読んで~

齋藤飛鳥の生き方は、後ろ向きに捉えられることが多いのではないかと思う。こんな考えを持つ彼女に対して、「もっと自信を持って!」などといった感情を持つ人も、いるのかもしれない。しかし、僕はその捉え方は違うのではないかと思っている。齋藤飛鳥は「期待」を捨てることで、「期待」を持つ以上の強さを手に入れているのではないかと思うの...
Return Top