Nogizaka Journal

乃木坂46・欅坂46・日向坂46のエンタメニュースサイト

ポストメンバーズ
この記事は『NJポスト』からの寄稿です。当サイトでは乃木坂46や欅坂46に関するニュース、コラム、レポート等の記事を随時募集しています。(経験不問)
ポストメンバーズの記事一覧
乃木坂46・17thシングル「インフルエンサー」Type-A

今、アイドルの新たなスタンダードへ。 〜新曲『インフルエンサー』から読み解く乃木坂46の2017年〜

3月22日に発売になる乃木坂46の新曲『インフルエンサー』は、2017年現代、これからの乃木坂46の1つの正解を示した、アンセムとなる曲だと考えている。この記事では、新曲『インフルエンサー』に、乃木坂46は何を答えとして掲げたかをいくつかの視点から筆者なりに分析し、アンセムとなりうる背景を述べたい。
初々しくかつ堂々としたスタートを切った乃木坂46三期生「お見立て会」レポート

初々しくかつ堂々としたスタートを切った乃木坂46三期生「お見立て会」レポート

乃木坂46三期生のお披露目イベントとなる「お見立て会」が、2016年12月10日(土)に東京・日本武道館で行われた。三期生として合格した12人の新メンバーが自己紹介、スポーツテスト、ミニライブ、そして握手会を行った。自己紹介では個性的なメンバーたちによる、初々しいアピールにファンは盛り上がった。ここでは、その中でも筆者...
選抜発表の在り方〜16th選抜発表を見て感じた乃木坂らしさ〜

選抜発表の在り方〜16th選抜発表を見て感じた乃木坂らしさ〜

「選抜発表」、乃木坂46というグループにとって、年に3度行われる大切な発表であり、発表の時期が近づく度にファンを落ち着かない気持ちにさせる重大イベントである。16thシングルの選抜発表を見ていて、一部のメンバーの所作や仕草に違和感を感じたのだ。そのメンバーは「堀未央奈」「星野みなみ」そして「樋口日奈」の3名である。
ファンとしての在り方を考えるーー新規ファンが後悔した2つのこと

ファンとしての在り方を考えるーー新規ファンが後悔した2つのこと

乃木坂46の活動を楽しむ声はネット上にも様々な形であふれているが、他方では以前の自分と同じ後悔をしているファンを目にすることがある。かつてあるメンバーが、シェイクスピアの言葉を借りてこう言った。「世の中には幸も不幸もない。ただ、考え方でどうにでもなるのだ」と。もしそんな人たちの気が少しでも楽になるのなら、という思いから...
躍動する“見せかけ天使”、井上小百合出演「大人のカフェ第9回単独公演『飲みかけで帰ったあの娘』」観劇レポート

躍動する“見せかけ天使”、井上小百合出演「大人のカフェ第9回単独公演『飲みかけで帰ったあの娘』」観劇レポート

今回、井上小百合がゲストヒロインを務める、コントユニット「大人のカフェ」第9回単独公演『飲みかけで帰ったあの娘』を観劇しました。舞台のコンセプトが『お洒落8割、野暮2割』の舞台コントという事で、2014年に行われた乃木坂46公演『16人のプリンシパル trois』での第1幕のコントを思い出しながら心待ちにしていました。
「今、話したい誰かがいる」過去のマスターピースと似て非なる魅力

「今、話したい誰かがいる」過去のマスターピースと似て非なる魅力

まずは東京メトロ・乃木坂駅の発車メロディが「君の名は希望」に決まったことを讃えたい。しかし駅名との親和性、発車メロディとしての用途で考えるならば個人的には「乃木坂の詩」を推したかった。ここで問題提起したい。あまりにも「君の名は希望」に全てを委ね過ぎていないかい? 杉山勝彦にピアノから始まるイントロばかりを求め過ぎていな...
乃木坂46メンバーが次々と髪型を変える

乃木坂46メンバーが次々と髪型を変える

乃木坂46・川村真洋 「16人のプリンシパル deux」東京公演も無事終了し、久々のオフを満喫する乃木坂46のメンバーの様子が公式ブログからも伝わってきたが、それもつかの間、7月3日発売の6thシングルの製作がスタート。特に学業との両立を図っているメンバーにとっては再び多忙な日々が始まる。 そのオフの間に、公演期間中は...
乃木坂46の「BAD BOYS J」出演による新たなファン層の開拓

乃木坂46の「BAD BOYS J」出演による新たなファン層の開拓

「BAD BOYS J」(日本テレビ系) ヒロイン役の橋本奈々未を初めとし、多くの乃木坂46メンバーが出演するドラマ「BAD BOYS J」(日本テレビほか)。主演を努める中島健人(Sexy Zone)や、その他の主要俳優陣がジャニーズ勢であることから、主な視聴者層はジャニーズファンの若い世代の女性だということが各方面...
Return Top