Nogizaka Journal

乃木坂46・欅坂46・けやき坂46のエンタメニュースサイト

乃木坂46「真夏の全国ツアー2013 FINAL!」@代々木第一体育館レポート

asuka131013
齋藤飛鳥のブログより

10月6日に代々木第一体育館で行われた乃木坂46「真夏の全国ツアー2013 FINAL!」夜の部のレポートになります。

【全国ツアーFINAL!スタート】

1万2千人のファンが見守る中、西野七瀬と橋本奈々未が「代々木でこのツアーがファイナルを迎える。私たちの力で皆さんを楽しませて行かなければならない。」と、話し合っているVTRが画面上に映し出された。続けてovertureが流れるとファンが一体となり、広大な会場はサイリウムの光で覆われた。そして桜井玲香の「代々木ファイナル始まるよ!」という声と同時に、1曲目「ガールズルール」で乃木坂46「真夏の全国ツアーFINAL!」がスタートした。

「ガールズルール」では勢ぞろいした1期生メンバーが3人ずつ舞台から下りてきて、花道を駆け回わった。曲の最後に桜井が「続いて2期生です!」と言うと、ステージ上に2期生が登場し、2曲目「会いたかったかもしれない」を披露。2期生も1期生と共に花道とセンターステージを駆け回り、伊藤かりんが「一緒に盛り上がって行きましょう!」とファンを煽った。生駒里奈のかけ声でスタートした3曲目「おいでシャンプー」は、44人全員で横一線となり、広い会場ならではのパフォーマンスを行った。3曲目を終えると、続いて4曲目「制服のマネキン」を披露。イントロのダンスが普段とは違い、橋本、白石麻衣、松村沙友理が前に出てきて舞台上でダンスを踊った。2期生も舞台上で1期生と一緒にパフォーマンスを行った。

曲が終わるとメンバーがマイクをとり、「皆さん改めましてこんばんは!乃木坂46です。」と挨拶。そのままMCに突入し、桜井が「代々木体育館。真夏の全国ツアーラストが始まりました!やっぱり広いですね。そして人が凄い。みなさん、ありがとうございます。昼を上回るくらい盛り上がって下さい!」と言うと、桜井が生駒にMCを振り、生駒が「皆さん、ありがとうございます!こんなに人が集まると、普段こういった人たちに私たちが支えられてるんだという実感が凄く湧きます。今日一日、最後まで楽しんでいってください。」と発言。続いて白石が「みなさん盛り上がってますか?」と言うと、会場が「いえーい!」と答え、コール&レスポンスを何度か繰り返し、白石が「気持ちいい!!!」と言って会場を盛り上げた。そして最後に、桜井が「こんなに人が集まったのは乃木坂初なので、みなさん盛り上がって行きましょう!」と言って、会場のファンも温かい声援を送った。

MCが終わり5曲目「失いたくないから」を披露。この曲の間奏では、メインステージ側に3つ備え付けられたモニターに橋本のメッセージが映し出された。そして橋本が「今日はこんなに沢山の人に集まって頂いてありがとうございます。嬉しい気持ちでいっぱいです。本当は画面上に写しだされている感謝のメッセージを読むはずでしたが、いざ皆さんを目の前にするとあの言葉以上に感謝の気持ちが溢れてきて」と思いを口にし、最後に「皆さんありがとう」と優しいトーンでファンにメッセージを伝えた。

5曲目が終わり、続いて暗く不気味なSEが流れると、気持ち悪いお面を被った斉藤優里が登場。そして独特の世界観と共に他のメンバーも登場し、6曲目「13日の金曜日」を披露。メンバーから「知ってる方は一緒に唄ってください。」と指示があり、サビを会場全体で大合唱。非常に盛り上がるステージングとなった。そして、そのまま7曲目「でこぴん」を披露。この曲はアリーナの中央に設置されたセンターステージでパフォーマンスが行われた。続く8曲目は生駒里奈のソロ曲「水玉模様」のショートバージョンを披露。この曲は上り下りするセンターステージから生駒が登場し、ストライプの衣装を身に纏った2期生が傘をくるくる回して、生駒を囲むような形でパフォーマンスをした。すると、2期生の傘の陰からいきなり生田絵梨花と星野みなみが登場するという演出で9曲目「心の薬」と、10曲目「左胸の勇気(2期生ver.)」を立て続けに披露した。

10曲目が終わって流れ始めた聞き覚えの無いBGMに会場がザワつく中、白石が「そんなに優しい言葉を口にしないで」とソロで熱唱。すると白石の横から突然、生田、西野、生駒らがダイナミックなジャンプで登場し会場からは驚きの声。そして、氣志團万博で披露した黒い衣装を着たメンバーが次々と登場し、光とダンス、炎が融合した圧巻のパフォーマンスで観客を魅了。白石の「Are you ready?」のかけ声で曲が始まり、11曲目「世界で一番 孤独なLover」を歌い上げた。そのまま、選抜とアンダーメンバー全員が舞台に残り、12曲目「狼に口笛を」を披露。最後に生駒が「上を見て!」というと、松村、白石らが上空からゴンドラに乗り客席を回る演出でファンを盛り上げ、13曲目「ロマンティックいか焼き」を歌唱。氣志團万博で着用した衣装のまま14曲目「ハウス!」がスタート。この曲の途中では、伊藤寧々の特技であるバク転が披露され、会場からは拍手と歓声が送られた。そして、興奮が冷めないまま15曲目「指望遠鏡」を披露した。

【秋の大運動会】

15曲目が終わると突然、「これまでに後々に語り継がれる数々の戦いがあった。」とナレーションがあり、画面上に「眼鏡vs風紀委員」「アイドルvsバンジージャンプ」「大人vs剥がし」と文字が映し出され、会場からは笑いが起こった。そして、「今宵、我々は二つのチームの熱い戦いを目撃するだろう」という天の声のナレーションがあり、特別企画「秋の大運動会」がスタートした。

赤チーム リーダー:桜井

2期:山崎、伊藤(か)、伊藤(純)、北野、西川、米徳、渡辺。
1期:生田、秋元、伊藤(万)、齋藤(飛)、斎藤(ち)、斉藤(優)、高山、中田、永島、橋本、畠中、宮澤、大和、和田。

青チーム リーダー:白石

2期:佐々木、新内、鈴木、寺田、矢田、米徳、堀。
1期:生駒、伊藤(寧)、井上、衛藤、柏、川後、川村、中元、西野、能條、樋口、深川、星野、松村、若月。

まずはリーダー2人による選手宣誓を行い、乃木坂シップに乗っ取り正々堂々戦う事を誓った。第一種目は「綱引き対決」。青チームは重要な先頭に松村、白石、能條らを配置。赤チームは先頭に生田を配置し最後尾には中元を配置して、それぞれ戦略的に戦った。3本勝負で行った結果は2勝0敗で赤チームの勝利。天の声がメンバーに「一言ください」というと、桜井が「応援ありがとうございました」と、感謝の言葉を口にしたのに対し、白石は「力はちょっと女の子だし弱いのかな?皆可愛いから。」と言い訳した。

第二種目は「玉入れ対決」。競技を始める前に、天の声がメンバーに対し「倖田來未さんいらっしゃいますか?」と言うと、白石が「代々木の皆盛り上がってますか?」と倖田來未のモノマネを披露。続いて天の声が「近くに芦田愛菜ちゃんいらっしゃいますか?」と言うと、能條が出て来て「あのね、あおぐみもっとやれるから、おうえんしてね」とZEPPでも好評だった芦田愛菜のモノマネを披露した。最後に天の声が「高山さん。景気付けにアメイジングお願いします。」と言うと、高山が渾身の力を込めファンと一緒に「アメイジング」を男前に披露し盛り上げた。そして玉入れがスタート。結果は、負けたら次が無い青組が底力を見せ43対49で勝利した。リーダーの白石は「皆で一つになったのでいい結果が出た。」とコメント。

最後の第三種目は「リレー対決」。そのまま配置につこうとすると桜井が「あのちょっといいですか?」とマイクを取り、「実は私たち昼にリレーで赤チームに負けているんです。理由はちょっと遅い子がいて……。」というと会場から笑いが起こり、続けて「ウチのチームに秋元真夏っていう本当に遅い子がいて、尋常じゃなく遅いんですよ。」というと、秋元が「家でランニングマシーンを買って練習したんですけど、全然速くならなかったんです。努力は認めて下さい」と言い訳。すると天の声が「確かに秋元さん史上最強に遅かったですもんね」と辛口コメント。ここで桜井が「午前やってみて勝負にすらならなかったので、秋元真夏の走る距離を半分にして欲しいんです」といって、赤チームが土下座でお願いをすると、青チームが渋々了承。そしてリレーがスタート。第一走者は距離が半分の秋元vs若月の仲良し対決。秋元の走り方と遅さに会場がざわつく中、若月が距離を縮め、早くも差が埋まっていった。途中で赤チームがバトンを落とすハプニングもあり、昼に続いて青チームの勝利。最後はアンカーの桜井と星野が抱き合い健闘を讃え合った。こうして「秋の大運動会」は青チームの勝利で終了した。

最後のトークで秋元の足の遅さがいじられ、秋元は「負けてしまったのは申し訳ないですけど、ハンデが足りないです!」と言うと、真夏さんには敵わないといった表情のファンから笑いがと拍手が起こった。トークでは他にも生駒が体操着をズボンにINして走っていた事などが話題に上がった。

【さゆりんごタイム】

運動会が終わると、「さゆりんごタイム」というコーナーが始まった。その名の通り、松村主導の企画で、松村は「私のやりたい事をやる企画となっています。」と説明。その内容は、外周を走る生田、高山に合わせて1万2千人のファンがウェーブをした後に「さゆりんご!」と呼んで貰うというもの。「なんか皆嫌そうやけど、そんな事気にしてたら生きて行けませんから!皆さんしっかりウェーブしてくださいね!」と松村主導の企画だけあって強気に発言。

企画がスタートし、ウェーブの後に名前を呼んでもらうと、会場からは拍手が起こり、松村は「キレイでした。思ったより嬉しいねんけど!満足した!(こんな大勢に名前を呼んで貰ったなんて)ギネスのるんちゃうか?申請してくるわ!」と会場の笑いを誘った。無事に終わると松村から「協力してくれた皆さんにプレゼントがあります!」と言って次の曲へ。

【君の名は希望】

コーナーの後は、16曲目「シャキイズム」を披露。曲の合間にメンバーから客席へサインボールが投げ込まれるプレゼントが。曲が終わると桜井が「皆さん、サインボール無くさないでくださいね?さあ、だんだん肌寒い季節になり、人肌が恋しい季節になってきました。次はそんな季節にピッタリの曲です」とコメントし、ステージ中央に置かれた白いピアノの前に生田が座り、生田の伴奏に合わせ17曲目「君の名は希望」を披露。背後には教会の映像が映し出され、生田の心地よいピアノの音色と、途中からステージに登場したストリングスの演奏に合わせ、メンバー全員が生歌で「君の名は希望」を熱唱した。これにはファンも息を殺して、乃木坂46の歌声に聞き入った。

【2期生紹介】

17曲目を終えると、桜井が「ストリングスの皆さんありがとうございました。いくちゃん今日もピアノ良かったよ。そして、今日はZEPP東京の時から参加してくれている2期生の自己紹介をしたいと思います。」と言って、2期生の自己紹介が始まった。

15歳中学3年生の佐々木琴子は、「埼玉県出身、佐々木琴子です。今日はチャームポイントのおでこを思い切って出してきました!よかったら覚えてください。」とアピールした。2期生一番人気の堀未央奈は「岐阜県出身、堀未央奈です。今日は沢山の方に来て頂いたので、楽しんで頂きたいと思います。」と抱負を語った。そして桜井が「1期生、2期生ともに乃木坂46は進化を続けて行きます。よろしくお願いします。」とコメントし、ファンも暖かい拍手と声援を送った。

2期生の紹介も終わり、18曲目「せっかちなかたつむり」ショートバージョンを披露。次の19曲目「春のメロディー」では、星野が卒業した安藤美雲のアンダーとして参加。続いて20、21曲目は、注目してほしいとメンバー内で人気の高かった「他の星から」と、「偶然を言い訳にして」を立て続けに披露。「偶然を言い訳にして」の冒頭では高山一実が以前番組でダウンタウンに貰ったギャグ「バケラッタ」を披露し、中盤では「劇場版BAD BOYS J」の告知も。

【写メ写メどんdon♪】

21曲目が終わると、続いて生田が仕切る企画「写メ写メどんdon♪」がスタートし、生田、生駒、西野がステージに登場。生田が「ここからは私生田が仕切らせて頂きます。秋を感じる写メを見て頂こうというコーナーになっています。さあ、どんどん見ていきましょう!まずは生駒ちゃんの写真です。」といって画面上には生駒が撮ったキンモクセイの画像が映しだされた。この写メに対し生駒は「私の地元にはキンモクセイが咲いていなくて、この写真のキンモクセイは、私が上京して来て初めて見たキンモクセイなんです。」と語った。そして生田が「続きまして、なーちゃんの写真です。」と言い、画面には西野が独自に生み出したキャラクターどいやさんを、何体か組み合わせて「秋」というフォントの形をした“秋どいやさん”が登場。これについて西野は「気付いてくれた方もいらっしゃると思いますが、これは秋というフォントをしたどいやさんです。今度どいやさんが文字に化けてる、どいやフォントを作りたいと思ってます」と語った。続いて生田が「次は私の写メです!秋と言えば私眠くなってしまうんですよ!という事で、今回はメンバーの寝顔を撮ってきました。」といって、生駒が少年ジャンプを枕にして寝ている写真と、仰向けになっても触覚が崩れない松村の寝顔が映し出された。そして「写メ写メどんどん!」の企画は終了。

【ライブ本編終了】

企画が終わると、プリンシパルでもお馴染みの曲「人はなぜ走るのか?」を22曲目で披露。この曲では生田、西野、生駒らがゴンドラにのって客席を移動するパフォーマンスを行った。そしてそのまま23曲目「扇風機」を披露。途中、柏幸奈がセンターに立ってダンスを踊る姿も見られた。続いて24曲目の「走れ!Bicycle」ではメンバーが花道やセンタースタンドを走り回り、会場に笑顔を振りまいた。

曲が終わるとオルゴールが鳴り、途中で舞台袖へ捌けていた桜井が「すいません。申し訳ありません。戻ってきました。」と報告し「次の曲は私たちにとって大切な曲です。聞いて下さい」と言って、25曲目「ぐるぐるカーテン」を披露。この曲の途中には、ぐるぐる渦を巻きメンバーを隠すくらい火花を散らす花火や、紙吹雪などの演出が用意され、感動的なラストを締めくくった。そして桜井が、今まで応援してくれたファン、影で支えてくれたスタッフの方などへ感謝の言葉を口にし、一度舞台を降りた。

【選抜発表】

アンコールではサプライズが用意されていた。11月27日に発売が予定されている7thシングルの選抜メンバーが発表され、センターには2期生・堀未央奈が選ばた。堀は「岐阜県出身17歳、堀未央奈です。今回私は7枚目のシングルのセンターに選ばれました。初めての事ばかりで、凄く不安もありますが、私なりに一生懸命がんばって行こうと思います。先輩達が作り上げた乃木坂を引き継いでいきたいです。宜しくお願いします。」と涙ながらに新センターへの意気込みをファンに語った。すると会場からは未央奈コールが掛かり、ファンは戸惑いながらも、泣いている一人の少女を応援して行く姿勢を見せた。

そしてセンターを務めた経験がある生駒と白石から、堀へメッセージが読み上げられた。

生駒「1stから5thまでセンターを務めた私から、堀ちゃんへ。センターはこういう人がやるべきという正解はないから、堀ちゃんは堀ちゃんの色を100%出してほしいです。だけど、私たちは1期生、2期生含めて乃木坂46です。私は、グループの色を出せるのがセンターだと思っています。堀ちゃんなら出来るはずです。頑張って下さい。今までやった事の無い事ばかりで不安もあると思うけど、そういう時は私たちがいつでも助けるから頼ってください。でも乃木坂46を引っ張ってください。」

白石「6thでセンターを務めた私から堀ちゃんへ。今はいろいろ不安やプレッシャーを感じていると思います。だけど堀ちゃんは一人じゃないし、周りには沢山の1期生がいます。私も7枚目のシングルはどうなるか分からなくてドキドキしてるけど全員で一つになり、頑張っていきましょう。最後に一つだけアドバイス、返事はしっかり大きな声で!」

2人とも自分の経験を交えながら先輩らしく新センター堀へアドバイスを送った。

【乃木坂46第2章の幕開け】

ここで桜井がメンバー全員をステージに呼びかけ、円陣を組み、「1期生も2期生も一緒に7枚目からは本当の意味で団結して、乃木坂46をナンバー1に出来るように頑張って行きましょう。」「せーの、努力、感謝、笑顔うちらは乃木坂上り坂、46!」と1万2千人のファンの前でナンバー1になることを決意した。

円陣が終わり、「それでは、皆が知っているこの曲を聞いてください。」という桜井の合図で照明が消え、26曲目「乃木坂の詩」を熱唱した。ここで桜井が「みなさんありがとうございました」と言いかけると、生駒が「ちょっとまった!」と割って入り、「このままシーンとした雰囲気じゃ終われないと思うんです。ということで、この曲で盛り上がりましょう!」といって27曲目に本日2回目の「ガールズルール」を披露。メンバーは最後の力を振り絞ってファンを煽り、ファンも今までの様々な想いを掛け声と共にこの曲へぶつけ、「ガールズルール」はこの日一番の盛り上がりを見せた。そして沢山の笑顔と沢山の涙、沢山の思い出の詰まった「乃木坂46真夏の全国ツアー2013」は幕を閉じた。


【セットリスト】
00. OVERTURE
01. ガールズルール
02. 会いたかったかもしれない
03. おいでシャンプー
04. 制服のマネキン
05. 失いたくないから
06. 13日の金曜日
07. でこぴん
08. 水玉模様
09. 心の薬
10. 左胸の勇気
11. 世界で一番 孤独なLover
12. 狼に口笛を
13. ロマンティックいか焼き
14. ハウス!
15. 指望遠鏡
<乃木坂46 秋の大運動会>
<さゆりんごTIME>
16. シャキイズム
17. 君の名は希望
<2期生紹介>
18. せっかちなかたつむり
19. 春のメロディー
20. 他の星から
21. 偶然を言い訳にして
<写メ写メどんdon♪>
22. 人はなぜ走るのか?
23. 扇風機
24. 走れ!Bicycle
25. ぐるぐるカーテン
<選抜発表>
26(E1). 乃木坂の詩
27(E2). ガールズルール

筆者プロフィール

ゆう
趣味はサッカーとスノーボード。あとパンダが好きです。乃木坂46を知ったきっかけはお見立て会です。記事を通して、皆さんと一緒に乃木坂46の成長を見届けて行けるよう頑張ります。

COMMENT

  • Comments ( 8 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 発売は11月27日では?

  2. ここ最近の流れは秋元大先生の?なお考えのせいで迷走し出してる気がします
    メンバーのメンタルも不安です

  3. 楽しめました!ありがとうございます。
    ガルルの特典映像に運動会の全員リレーありましたよね?
    真夏ってそんなに遅くなかったような‥

  4. 僕も夜の部参戦していました。

    素晴らしい記憶力ですね☆
    詳細な記録で、一度見た僕も再び楽しめました!!

    ありがとうございました(^o^)/

  5. レポートありがとうございます。参加できなかったので大変嬉しいです。盛りだくさんで素晴らしいイベントだったみたいですね。DVD出ないかなあ。

    ななせまるファンなので、秋どいやさん、見たいなあ。

  6. 凄い記憶力ですね

    録音したかと思いましたよ。

  7. いっつも思うんだけど、完璧なレポしてる人って録音してるん?
    乃木坂のライブで携帯弄る人結構いたし…

    夜公演いいなあ!
    昼とだいぶ演出違うじゃんよー

コメントはこちら

*

Return Top